生き方

自分らしい生き方をするための5つの方法【ありのままを生きる】

あなたは「もっと自分らしく生きたい・・・」とか、「もっと素の自分でいたい・・・」など普段満足がいくような自分らしい生き方ができていなくて、不意にこのようなことを思った経験はないでしょうか。

素の自分」で居続けることこそが、本当の自分らしい生き方ができているといえます。

「素の自分」で日々の生活を送るためには、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

「素の自分で生きる」ことこそが自分らしい生き方です。

本記事は「自分らしい生き方」をするための具体的な5つの方法について解説していきます。

このような人にオススメ

  • 自分らしい生き方をしたい人
  • 自分の生き方を貫きたい人
  • 自分らしい生き方がわからない人
  • 他人と比較をしてしまう人
  • 自分がよくわからない人

 

 

自分らしい生き方とは?

自分らしい生き方とは、他人や環境など外部のものごとに左右されず、自分らしい真っ直ぐな生き方をしている人の生き方のことをいいます。

「自分を持っている」「自分を持っていない」

この言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

自分を持っているとは、自分の強い信念を持っているということです。

他人に何をいわれても、自分の考え方をぶらさない生き方。

それこそが「自分らしい生き方」といえます。

自分らしい生き方をするには、他人や環境に負けないくらいの気持ち(メンタル)が必要になります。

人は感情の生き物です。

行動や発言ひとつにしても感情が必ずついてきます。

自分らしい生き方をするためには、この感情と向き合うことが必須になります。

自分らしい生き方をするには、「自分との戦いに勝つ」ことだともいえます。

 

自分らしい生き方ができていない人の特徴

自分らしい生き方ができていない人にはどんな特徴があるのでしょうか。

自分らしい生き方をするための方法の前に、自分らしい生き方ができていない人の特徴をみていきます。

 

他人の目を気にしている

自分らしい生き方ができていない人の特徴として、「他人の目を気にしてる」というのがあげられます。

どういうことかというと、自分の発言や行動ひとつにしても他人の目を気にして、本当に自分がいいたいことや、やりたいことができない。

つまり、自分主体ではなく、他人が主体で生きているということです。

自分の発言や行動を、他人がどう思うかなど自分にとっては関係がないのです。しかも他人の感情は自分ではコントロールができません。

自分でコントロールできないことなどを気にしていては、自分らしい生き方はできません。

 

他人と比較している

自分らしい生き方ができていない人は、よく他人と比較をしている傾向があります。

あの人は上手くいくのにわたしだけなぜ上手くいかないのかな・・・」、「あの人には負ける。・勝てるはずがない」など見知らぬ他人であっても自分と比べたがります。

他人と自分を比べることによって、安心感や自己肯定感などを得ようとします。

ですが、他人よりもひけていたりすると、自信を無くしたり、やる気をなくしたりします。

 

過去の自分に囚われている

過去の体験や経験、他人からいわれた発言など、過去のマイナスな自分を捨てきれていない人も、自分らしい生き方ができていないといえます。

過去に囚われているせいで、「自分への思い込み」が強く、「過去に失敗したこと」や「辛かった経験」など今でも引きずっている人は、自分らしい生き方ができているとはいえません。

 

他人の意見に左右されやすい

自分らしい生き方ができていない人は、他人の意見に左右されやすいです。

自分Aだと思っていても、他人から「Bの方がいいんじゃない?」と言われたらすぐに意見が変わったりします。

自分で選択肢を決めていくことが「自分らしい生き方」です。自分で選択した意見を、簡単に他人に変えられることがある人は、他人の意見に左右されやすいといえます。

 

自分に嘘をつく

他人や自分に嘘をついていると、自分らしい生き方を自分自身が本当にできていると、自信をもっていうことはできないでしょう。

自分に嘘をつくということは、自信を無くすことでもあります。

自分との約束が守れないのに、自分らしい生き方はできません。

 

自分らしい生き方をするための5つの方法

下記の5つの課題を実践すると、自分らしい生き方は簡単にできます。

自分らしい生き方をするための、具体的な5つの方法を見ていきましょう。

  1. 信念を持つ
  2. 常識の殻を破る
  3. 目標や夢を持つ
  4. 自己投資をする
  5. 新しいことに挑戦する

 

1.信念を持つ

信念の法則という法則があります。

自分の中のプラスの信念を蓄える事を信念の法則といいます。

つまり、自分が決めたことをずっとやり続けることで、プラスの信念というものを蓄えていくことができで自分の中に信念ができてきます。

「今日出来た」、「3日出来た」、「1周間出来た」、「1ヶ月出来た」、「半年出来た」そんな自分なら次も絶対に出来るだろうという自信や確信にもつながります。

自信とは、自分との約束を守ることでついてきます。

信念を持つということは自分の自信や確信にもなります。

結論はプラスの信念を少しずつでも蓄えていくことが大事だということです。

 

2.常識の殻を破る

何をするにしても「自分はダメな人間だ」「自分は劣っている」「自分は何の役にも立たない」と心のどこかでもし感じているのであれば、あなたは自己肯定感が低い状態であり、これが、自分の殻にこもりがちになるすべての原因です。

自己肯定感が低いと自分に価値を見出せなくなるため、自分の殻を破るには自己肯定感を高めるしかありません。

自己肯定感を高める方法としては、

  • 現状を認めることから始める
  • 環境を整える
  • 音楽で気持ちを切り替えてみる
  • 失敗を否定しない
  • 日々の言動を肯定的になるよう意識する
  • 自分の思いや意思も大切にする

これらの方法があります。

常識の殻を破るためにも、自己肯定感を高めていきましょう。

 

3.目標や夢を持つ

目標や夢を持つことはものすごく大切です。

人はゴールがあるからそこに向かって走ることができます。

ゴールがないと方向性もよくわからない状態になり、結果として行き先もわからず、今やるべきこともわからなくなります。

なのでゴールの設定は非常に大事です。

ゴール=目標や夢です。

目標達成新しい目標達成 と目標を達成し続けることで、信念も自信もついてきます。

大きな目標や夢の設定と日々の小さな目標の設定と2つとも設定しておくとで毎日が充実した1日になり、自分らしい生き方が毎日できます。

 

4.自己投資をする

自己投資はやりすぎるくらいしましょう。

自己投資とは、お金や時間を将来に向けて、自分に使っていくことです。

自己投資は投資なので必ずリターンがあります。

オススメの自己投資としては、「健康、美容、経験や体験、セミナー、本」などです。

健康や美容も10年後、20年後をみると大事ですが、とくに大事なのは「経験や体験、セミナー、本」です。

経験や体験、セミナー、本は学びが多いので、知識をたくさん身につけることができます。

知識=願望なので、知識をつけることによって自身の願望もどんどん広がっていくのです。

そして願望は生き方です。

願望をたくさん持つことこそが、自分らしい生き方ができるということです。

 

5.新しいことに挑戦する

「自分らしい生き方をするための方法」の最後ですが、「新しいことに挑戦する」ということです。

日々新しいことにどんどん挑戦していくことが自己肯定感にもつながります。

自分らしい生き方をするためには、固定概念や、常識を覆えすことも必要になります。

人と違うことをする勇気が必要です。

新しいことに挑戦するということは、それだけの勇気がいります。

勇気を振り絞って、新しいことに挑戦することによって、あなたは「自分らしい生き方」ができているということです。

毎日新しい挑戦を最大限しましょう。

 

まとめ

自分らしい生き方とは、他人や環境のせいにせず、自分の信念を貫いて生きることです。

信念こそ自己肯定感です。

他人と比べるような人生は、自分の人生なのにもったいないですよね。

だとしたら、他人のことなど気にはせず、自分の目標や夢のために今日という日を最大限生きることが、自分らしい生き方につながってくるのです。

あなたの「自分らしい生き方」

今日から自信をもって「自分らしい生き方」をしていきましょう。

 

-生き方
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5