自己投資

【美容に自己投資は必須】後悔しない美容への自己投資とは何か?

 

あなたは美容に自己投資をしていますか?

美容といわれたら「化粧品、脱毛、その他」色々と思いつくと思います。

「美容に自己投資しないとなぁ」、「美容に自己投資は必要なの?」、「将来、肌の悩みで後悔したくない」本記事はこのような悩みや疑問にお応えします。

 

美容は自己投資です。

男性、女性ともに美容への意識は無くてはなりません。

しかし美容への意識が高い人もいれば、そこまで気にしていない人もいると思います。

本記事は「なぜ美容への自己投資が必要なのか」と「オオスメの美容への自己投資」を詳しく具体的に解説していきます。

 

ポイント

  • 美容への考え方が変わる
  • 美容への意識が高くなる
  • 無理なく美容に自己投資ができる
  • 美容への自己投資先が具体的に分かる

 

美容に自己投資をするためにはもちろんお金がかかってきますが、会社員の給料とプラスで副収入があれば自己投資も悩むことなくできますよね。

まだ副業を始めていない方は、下記の記事を参考に副業を始めましょう!

会社員におすすめの隙間時間でサクッと稼げる副業アルバイト10選紹介

続きを見る

 

 

美容に自己投資をしないと後悔する

 

結論をいうと美容に自己投資は必須です。

 

美容に自己投資をしなければ、年を重ねた後から後悔することが目に見えています。

 

なぜ後悔することになるのか。

 

その理由を3つ下記で紹介していきます。

 

理由①:肌は折り紙と同じくらい繊細

 

実は人間の肌は折り紙と同じくらい繊細です。

 

折り紙は一度折れると折れた痕ができます。

 

折れた痕はもう元には戻らないですよね。

 

肌も同じです。

 

そうは言ってもシワやシミなど歳を重ねるごとに少しずつ出てくるイメージですよね。

 

「シワのぶんだけ年齢が刻まれて良い雰囲気を醸し出していくからしわは気にならない」「シワがないと人間らしくないし、誰も見ていないのにシワを気にするなんて」そう思う人もいると思います。

 

たしかにシワは、表情を豊かにしてくれます。

 

年齢を重ねているのにシワが全くないのは不自然ですし、そのような人はなかなかいません。

 

でも、「このしわがなかったら……」と思うときもあることでしょう。

 

顔のシワは30歳を越えたあたりから少しずつ増えていきます。

 

でも実はいわゆるお肌の曲がり角は、20代半ばからすでに始まっているのです

 

10代、20代から適切なお肌へのお手入れを行っていると、シワが深く刻まれるのを防ぐことができます。

 

もちろん、紫外線を浴びる頻度など生活習慣による影響もありますし、ある程度は遺伝的な肌質やお肌の厚みなどでも、シワのでき方に差が出るかもしれません。

 

ただ多い、少ないの差はあっても、小ジワや表情ジワなど、どのような人でもシワはできます。

 

年齢とともにシワは刻み込まれていき、1度出来たシワは消えないシワになってしまいます。

 

なのでシワやシミへの対策は20代からするべきです。

 

理由②:結婚・出産の後では遅い

 

美容への自己投資をするにあたり、もちろん若い頃から自己投資をすることをおすすめしますが、もしあなたが「美容への自己投資は後からでも遅くない」との意見を持っているのであれば少し考えてほしいです。

 

もしあなたが結婚をしてお子さんを養う立場になったときに、お子さんがいてる状態で美容に自己投資をする考えになりますか?

 

なかなか難しいですよね。

 

女性であれば脱毛をいかれる人もいるかと思います。

 

最近では男性の脱毛も流行っているみたいですね。

 

ただこの脱毛も「美容」というジャンルに入りますよね。

 

もし結婚をしてお子さんがおられる中で、脱毛サロンや美容クリニックに行く気になるでしょうか。

 

お金もかかりますし時間もかかるので、なかなか難しいですよね。

 

なので脱毛を検討されている人は、早めにいくことをオススメします。

 

脱毛こそ自己投資です。

 

1度脱毛を終えるとその先はケアに時間を費やすことがなくなりますし、見た目や清潔感も良く見られます。

 

もしするかしないかで悩んでいるのであれば、早めに脱毛をしましょう。

 

理由③:他人との比較で悩む

 

人間は他人と比較する生き物です。

 

同時に他人からも比較されます。

 

美容に自己投資を若い時からしている人と、自己投資をしていない人では、同じ年代の人あっても天と地の差がつくぐらい大きな差が出てきます。

 

たとえば、同じ45歳なのに見た目がシワやシミだらけで清潔感が無さそうに見える人よりも、肌に張りがありプルンプルンで艶のある肌の人の方が印象がいいですよね。

 

女性の場合、ホルモンには生理後から排卵まで分泌量が増える「エストロゲン」と、排卵から生理前まで分泌量が増える「プロゲステロン」の2種類があります。

 

エストロゲンは肌の水分保持やハリ、弾力をもたらすコラーゲンを増やすなど美しい肌を保つのに働いてくれるホルモンです。

 

他にも、女性らしいボディラインを作ったり、自律神経に作用したりと女性の美容と健康に大きくかかわっています。

 

女性ホルモンは30歳前後が分泌量のピークでその時期を境に減少していきます。

 

40歳前半は、肌にもそれほど大きなトラブルがみられないかもしれません。

 

ところが、40代後半に入ると閉経が近づきエストロゲンの分泌量も急激に減少するようになります。

 

その影響で肌の乾燥やたるみ、キメの乱れといった肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

スキンケアでエストロゲンを補うことは難しいため、トラブルが起こる前に対策を取っておくことが重要になります。

 

おすすめの美容への自己投資

 

最後におすすめの美容への自己投資を紹介します。

 

美容への自己投資①:脱毛をする

 

脱毛にはメリットがたくさんあります。

 

一番の大きなメリットはムダ毛処理の手間から解放されることです。

 

そのほかにもいろいろメリットがあります。

 

特に顔やVIOの脱毛は女性にとって特別なメリットがあるので、下記をチェックしてみてください。

 

【肌がキレイになる】

ムダ毛をカミソリやシェービングで剃ったり毛抜きで抜いたりなどの自己処理をすると、肌に負担がかかります。

乾燥や炎症といった肌トラブルを引き起こす原因になるため、あまりよくありません。

自己処理を続けて肌に負担をかけ続けると、色素沈着を起こして見た目が汚くなる可能性もあります。

脱毛すれば自ずとムダ毛の脱毛処理から解放されるので、肌にダメージを与えることも少なくなり、キレイな状態を保つことができます。

毛がなくなれば毛穴が引き締まりやすくなると言われているので、理想の肌に近づくことも可能です。

肌がキレイになれば、いろんなファッションを楽しめ、水着姿にも自信を持つことができます。

 

【化粧のノリが良くなる】

顔脱毛で顔の産毛がなくなると、毛穴が引き締まりやすくなるので、化粧が肌にフィットします。

化粧の仕上がりをワンランク上げることが可能です。

また、ファンデなどが毛穴落ちすることも減り、メイク汚れが落としきれないということも少なくなります。

汚れが溜まりにくいので肌の調子が整いやすくなることが期待できます。

産毛がないと顔色が明るくなるので、スッピンも格段にレベルアップします。

化粧水の浸透力がアップするともいわれているので、いつものスキンケアでいつも以上の美肌を目指すこともできます。

 

【要介護者となったときも迷惑をかけない】

医療脱毛でVIOを永久脱毛していれば、高齢になってもムダ毛が生えてこないことが予想されます。

自分が要介護者となったときも、デリケートゾーンに毛がなければ下のお世話で介護者に手間をかけさせることはありません。

介護者の負担を少しでも軽くしたいという思いから、介護されることを想定してVIO脱毛をはじめる「介護脱毛」の希望者が増えています。

デリケートゾーンに毛がなければ将来おむつとなったときもムレにくく、要介護者自身も肌トラブルを回避できるというメリットがあります。


SA・SA・LA公式サイトを見てみる

美容への自己投資②:化粧水にお金をかける

 

化粧水のメリットは肌に潤いが与えられることです。

 

化粧水をつけるのとつけないのとでは肌のモチモチ具合が違ってきます。

 

ただ化粧水はピンからキリまで様々な値段のものがあります。

 

当たり前ですが人によって合う化粧水、合わない化粧水があるので、高ければいいというものではないです。

 

美容への自己投資③:髪の毛に自己投資をする

 

髪の毛にも若いうちから金をかけましょう。

 

人間は40歳代を迎えるあたりから髪質の変化を多くの人が感じるようになります。

 

そして「白髪」の悩みが出てくる時期でもあります。

 

毛量が減少し、若い頃の「量が多くて」、「広がる」悩みが気にならなくなります。

 

うねり毛の割合が10-20代の頃より増え、白髪が気になることによりカラーリング頻度が増加し始めます。

 

そのため、毛流れが揃いにくくなって、まとまりにくくパサつきやすく、若い頃よりツヤがない、と感じる悩みにつながっていると考えられます。

 

そして50歳を過すぎた頃には、髪の太さ、ハリコシ、髪の本数が徐々に減少し続けて、「髪がぺちゃんとなる」「分け目が目立つ」などが気になるようになり、「抜け毛」「量が少ない」などの悩みも出てきます。

 

「白髪」量が増大するとともに、ボリュームが出ない、持続しない悩みが深刻化します。

 

加齢による髪の変化は、年齢を重ねるにつれて、気になり度が増大します。

 

「傷み」「パサつく」悩みはずっと続き、気にならなくなるのではなく、それ以上に気になる項目が増えて、優先順位が変わります。

 

特別な方法を見出すより、日常のお手入れやスタイリング方法をよりブラッシュアップして身につけることが、効果的な対策です。

 

まとめ:美容に自己投資は必須

 

以上のことから結論、美容に自己投資はするべきです。

 

まとめると、

まとめ

  • 10代、20代のうちから美容に自己投資をする
  • 美容にお金をかけるということは将来の自分にお金をかけている
  • 脱毛は結婚をするまでに必ずしておく
  • 化粧水や髪の毛にもお金を使う

 

人生にやり直しという言葉は通用しません。

 

いずれくる将来に後悔しないように、今のうちから美容への自己投資をしておきましょう。

今回は以上です。

 

-自己投資
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5