投資

投資家には誰でもなれる!?投資家に必要な3つの条件!

貯金が将来何になるのか?

貯金をすることの価値は?

銀行に預けることのメリットは?

今までこんなことを考えたことはありますか?

人生のプランをいまいちど見直したい方は必ず読んでください。

月5万円で資産1億円作る「ゴイチ」セミナー!詳しくはこちらから

あなたはどうなりたいのか。

死ぬときに何と言われて死にたいか。

スティーブン・R・コヴィー によって書かれた「7つの習慣」にも書いてあるように終わりから思い描くことが大事です。

 

本記事は。。。

・投資家になりたい

・投資について詳しくなりたい

・資産を持ちたい

このような投資をこれからしていこうと思われている方に向けて書いてますが、

今回は重要なことも何点か書いてますので、これから投資家になりたい方や、ビジネス、事業に参入したい方は、

是非下記からの記事をご覧頂き参考にして頂けたらと思います。

 


【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入

はじめに

 

投資とは

投資とは、主に経済において将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指します。

広義では、自己投資や人間関係においても使われる言葉で、どのような形態の投資も、不確実性が伴います。

一般に投資による期待収益率が高い場合、不確実性も高まります。

 

投資家には2種類ある

投資家には次の2種類があります。

1つ目は1番よく見かけるタイプの投資家で、あらかじめパッケージ化された投資を買う人たちです。

こういう人たちは、不動産ブローカー、ファイナンシャル ・プランナーといった小売業者に電話をかけ、投資対象を買います。

それは投資信託であったり、不動産投資信託であったり、あるいは株式や債権だったりします。

このタイプの投資家を例えていうのであれば、コンピューターのお店にいって棚に並んでいるコンピューターを、

そのまま買う人にあたります。

 

2番目のタイプの投資家は投資を自分で作り出す人たちです。このタイプの投資家は取引0から作りだします

例えるのであれば、コンピューターの部品を買ってそれを組み立てるタイプの人です。特別仕立ての投資をするということです。

プロの投資家の呼ばれる人というのは、この2番目のタイプの投資家のことをいいます。

このタイプの投資家の場合、すべての部品を組み立てるのに何年もかかることもあれば、どうしても完成しないこともあります。

ばらばらになったものを集めて組み立てる方法を学ぶのは、成功するためには重要なことです。

ですがそこにはリスクもあり、大きな損をする可能性もあるということだけは、頭に入れておかなければなりません。

この2番目のたいふな投資家になりたい人は、

次の3つの技術を伸ばす必要があります。

1.他の人が見過ごすチャンスを見つける技術

2.資金を集める技術

3.頭のいい人間を集めて組織する技術

これらを下記で詳しく解説していきます。

 

 

1.他の人が見過ごすチャンスを見つける技術

チャンスを見つけるには、他の人の目には見えないことを頭で見るようにすることが大切です。

1つ例をあげると、

あるとき友人の1人が古くて今にも壊れそうな家を買いました。見るからに薄気味悪い家で、だれもが不思議に思いました。

そのとき他の人には見えずに彼に見えていたものは、この家に四区画の更地がついていたことでした。

彼は土地の権利関係を調べにいきそのことを知りました。この友人は買った家をすぐに取り壊し、五区画の更地を、

解体費用も含めて自分が支払った額の、3倍もの値段で建築業者に売りました。そして、たった2ヶ月で800万円を作りました。

これは大金ではないかもしれませんが、確実に給与の最低基準は上回ってますし、技術的にさほど難しいことではありません。

他人が目につけないこと、他人が見えないところをどれだけ見れるかが大事になってきます。

 

2.資金を集める技術

資金繰りをするとなるの、普通の人は銀行にいきます。ですが2番目のタイプの投資家になるには、

資金を増やすためには銀行だけでなく、何通りもの方法があることを知らなければなりません。

これを資金調達といい、資金調達をする方法を学ぶことは投資家にとっては、かなり大事なことです。

資金調達を学んで実践することは、お金に換えられないほどの価値があります。

二番目の投資家になりたい人は、まずお金の集め方を学びましょう。

ですが、大半の人はお金が足りないからという理由で、その取引から手を引いてしまいます。

もしそういった考え方をやめることができれば、お金を集めるための技術を学ぼうとしない人よりも、

何千万も多くのお金を手に入れることができるでしょう。

結論をいうと、投資は「買う」ことではないということです。「知っている」ことの方が大きな役割を果たすということです。

300万円までの資金調達なら最短即日!詳しくはこちらから

3.頭のいい人間を集めて組織する技術

賢い人間というのは、自分より賢い人間と仕事をするか、またはそういう人間を雇います。

アドバイスを誰かからもらいたいときは、正しい相手を選ぶことが大切です。

学ぶことはたくさんありますが、そこから得られるものは計りしれないほど大きいです。

このような技術を学ぶのがいやだと言う人は、1番目の投資家になるといいでしょう。

あなたにとって最大の財産は、あなたの知識、「知っていること」です。反対に最大のリスクは「知らないでいること」です。

どんなことにもリスクはつきものです。

だからこそ、それを避けるよりもうまく乗り越える方法を学ぶことが大切です。

 

まとめ

  • 人生は終わりから思い描く。何をするかではなくどうなりたいのかが大事
  • チャンスを掴むために、知識を得てお金の勉強をする
  • 資金調達をできる自分になる。自分に魅力をつける






-投資
-,

© 2021 Top Class Powered by AFFINGER5