生き方 転職

【コロナ禍を生きる】これからの生き方と働き方を徹底解説

 

あなたはこれからの生き方について深く考えたことはありますか?

またこれからの生き方について、興味や関心を持ったことはありますか?

これからの生き方に不安がある・・・」、「これからの将来に不安・・・」このようなことを思った経験はないでしょうか。

とくに新型コロナウイルスの影響で、日本の働き方は大きく変わりました。

これからの生き方や働き方について、コロナウイルスの話も交えながら本記事では解説していきます。

このような人におすすめ

  • これからの生き方がわかない人
  • これからの働き方がわからない人
  • 職場に不満がある人
  • 将来に不安がある人
  • 転職を考えている人

本記事を読むメリット

  • 日本の現在の状況がわかる
  • 次世代の働き方がわかる
  • あなたが今するべき行動が明確になる

 

企業の人件費削減

2020年1月から現在まで、感染拡大をし続けている新型コロナウイルス

この新型コロナウイルスの影響は、多くの企業に大打撃を与えました。

今回の「コロナショック」で企業は経費削減を余儀なくされていて、現在、経費削減を試みている企業がほとんどです。

そのなかでも「人件費」が一番大きな経費をしめているので、経費削減という部分では非常に早く効果も大きいことから、赤字経営の企業などを中心にリストラや早期退職で人件費の削減を試みている企業が多々あります。

正直このまま一般の会社員の働き方などしていても、コロナウイルスの影響やAIの発達、IT技術の進化により、企業が人件費の削減にともなって、リストラや早期退職を今後もしていくことがすでに目に見えています。

 

新型コロナウイルス

前項でも少し触れましたが、現在日本は「新型コロナウイルス」の影響もあり、重大な危機にさらされています。

新型コロナウイルス感染がここまで長期化するとは、誰しも思わなかったでしょう。

アフターコロナと呼ばれた時期もありましたが、すぐにはコロナウイルスの感染は収束せず、もうしばらくはコロナウイルス感染による経済停滞が続くことを、覚悟しなくてはならなくなっています。

 

働き方が変わる

新型コロナウイルスの影響を受け、一斉にリモートワークの導入などが進みました。

そこでは日本企業のデジタル化の遅れが目立ちました。

特に、中堅・中小企業では、システムの老朽化、業務やノウハウの属人化、IT人材の不足など多くの課題が山積しており、早急な対応が求められている状況です。

また、そういった企業だけではなく、市場全体のオンライン化・デジタル化が加速するなかで、市場のニーズに合った新しい製品やサービスを創出し、企業の価値を高めて競争力を強化するために、DX(デジタルトランスフォーメーション)は必要不可欠になってきています。

そこで、中堅・中小企業の将来にも大きく関わる現状の課題を取り上げ、必要な対策をしなければなりません。

 

これからの生き方

これからの新しい生き方、働き方をしていくにあたって、これまでの常識が通らなくなる場合があります。

たとえば、会社のオフィスに出勤するのが当たり前だったものが、今では「在宅ワーク」という働き方が定番になってきていて、最近では「会社に出勤」することが不要になってきました。

在宅ワークでも仕事ができる」ことが日本全体に浸透してきたことによって、働き方の常識が変わってきたように感じます。

なので、これからの生き方や働き方は、「個人で力をつけて働く」必要があります。

個人で力をつけて働くとは、会社にとらわれない働き方ともいえます。

【企業の人件費削減】の項で、現在の日本はAIの発達やIT技術の進化が急速に進んでいるとお話しました。

これからの厳しい世界を生きていくには、個人でIT系のスキルや技術を身につける必要があります。

IT系とはインターネットなどの通信とコンピュータとを駆使する情報技術のことをいいます。

これからはこのITへのスキル技術を身につけていくことが、これからの生き方に大きく影響していくことなります。

最近ではリモート案件だけを紹介しているサービスもあります。

リモート可のプログラムの案件だけを紹介している『リモートビズ』

【リモートビズ】

  1. リモート可能な案件だけを紹介 時短、副業等、個人に合わせた仕事のスタイルが可能
  2. 豊富な直案件 リモートビズの案件はほとんど全てが直案件
  3. 毎月の収入が不安定、不安という方も定期的で 高額な収入先の確保が可能なので安心して働くことが可能
  4. キャリアコンサルタントが担当 リモートビズを運営しているセルバは自社でもWEBサービス開発を行っている。 その為、仕事内容を把握しているコンサルタントが ユーザーに寄り添った提案を行ってくれる
  5. 無料のオンラインサロン リモートビズ登録者で無料のオンラインサロンを設けており、情報交換が可能。
  6. フルリモート可の正社員紹介も対応 業務委託だけでなく、フルリモート可の正社員の案件の紹介も行っている

詳しくはこちら

 

これからの失敗しない生き方(働き方)

これからの失敗しない生き方(働き方)は2つあります。

  • 在宅でもできる仕事を探して、フリーランスとして生きていく
  • IT系企業に転職をして、技術学びスキルを付けながら独立の準備をする

実際にこの2つの特徴やポイントなどを詳しく解説していきます。

 

在宅でもできる仕事を探して、フリーランスとして生きていく

「これからの生き方」として個人で力をつけていくというお話をしました。

会社に雇われず、個人で稼いでいく人。この人たちをフリーランスといいます。

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。

おもにウェブライターや個人カメラマン、ウェブデザイナー、プログラマーなどの職種において、個人で仕事をしている人のことを指すことが多く、自分のスキルや能力などで仕事をしている人といえるでしょう。

たとえばプログラミングのスキルを身につけて、一度フリーランスとして力をつけると、仕事が無くなるようなことは滅多になく、逆に仕事をお願いされる立場になることが多々あります。

その反面、逆に仕事が入りすぎて、スケジュール管理が大変になることもあるので注意が必要です。

フリーランスにはメリットもたくさんあるので、詳しくはこちらの記事を参考にお読みください。

【会社に雇われない生き方】フリーランスのメリット・デメリットも解説

続きを見る

 

IT系企業に転職をして、技術学びスキルを付けながら独立の準備をする

この方法が一番いい働き方といえます。

ITに何も関心や知識がない人でも、IT系の企業に転職することにより、自然とスキルや技術を身につけることができます。

ITのスキルや技術は今後の必ず必要になってきます。

転職をして給料を企業からもらいながら、スキルや技術を身につける。個人でも稼いでいけそうな能力が身についたら独立。

この流れがベストです。

IT未経験者でも転職は可能なので、自分の将来に不安を感じるのであれば、転職を試みるのもありですね。

IT系転職エージェントはこちらの記事を参考に。

20代エンジニアが転職で年収を上げるコツとおすすめ転職エージェント5選

続きを見る

 

まとめ

今回は「これからの生き方と働き方」について解説しました。

本記事をまとめると・・・

  • コロナ禍の影響で企業はリストラや早期退職を試みている
  • AIの発達やIT技術の進化により働き方が変わってきている
  • オンライン化やデジタル化が加速している
  • 今後在宅ワークが一般的になる可能性もある
  • 個人でITのスキルや技術を身につける必要がある
  • 会社に雇われないフリーランスがおすすめ
  • IT系の企業に転職をしてスキルを身につけていくのもひとつの手

今後はあなたが想像しているよりも、はるかに早いスピードで日本の経済は動いていきます。

今では当たり前のように持ち歩いているスマートフォンも、ガラケーが当たり前だった10年前では、想像もつかなかったですよね。

何度もいいますが、近々個人の時代が必ずきます。

これからの生き方は、会社にとらわれない生き方をどれだけできるかに限ります。

個人の力を今からつけて、変化に対応できる能力を身につけましょう。

-生き方, 転職
-, , ,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5