投資

お金の勉強が大事なのはなぜなのか?【まとめ】

この記事は、

・今から将来のために、少しずつでもお金について勉強していきたい

・今の現状を少しでも変えたい

・お金持ちになりたい

このような方にオススメの記事になっています。

国内最大級のマネーセミナー←こちらオススメのセミナーです。気軽にお金のことが学べます


人は誰しもお金への欲は他の欲求と比べてもはるかに強いです。

その他の欲求もお金がないと満たされないものがほとんどです。

お金興味がないと言ってる人は、本当のお金持ちで突き抜けてる人か、今の現実から逃げている人のどちらかです。

1億円をタダで貰えるとしたら、どうでしょうか。

お金に興味がない人でも、その1億円は欲しいはずです。

はじめに‥

「お金持ちになれば幸せになるという考え方そのものが、貧乏人の考え方。

お金の正しい使い方や、資本主義の仕組みを理解し、自身の人生の目的を達成するためにお金に働いてもらう」

という言葉が、ロバート・キヨサキさんが著者の「金持ち父さん貧乏父さん」に書かれていました。

日本人を含め、世界中の人々が現在、経済的に苦しんでいる理由は、

何年も学校に通っていながら、お金について何も学んでいないことにあります。

学校では、人はお金のために働くことを学びます。

ですが、お金を自分のために働かせることは一切学びません。

お金を自分のために働かせるということを知らないまま、一生が終わる方人がほとんどです。

本記事はリスクを恐れず、しかもそのリスクを大きくさせないために知識をしっかりつけて、

積極的に資産を増やすアグレッシブな生き方をしたい人に向けての内容です。

 

お金持ちはお金のために働かない

人は感情のおかげで人間として生きることができています。

感情の無い生活を考えみてください。ゾッとしますし中々想像つきませんよね。

「感情」という言葉には、活動するエネルギーという意味があります。

自分の感情に正直になって、自分にとって悪い方にではなく、自分のためになるように心と感情を使いましょう。

感情に対してただ反応する人間ではなく、それを観察して考える人間になることが大事です。

ほとんどの人が、自分の行動や思考を支配しているのが感情だということに気づいていません。

感情は感情として持ってもいいですが、それとは別に自分の頭で考える方法を学ばなくてはなりません。

経済的に苦しんでいる人の一番の原因は、国の経済や政府、富裕層のせいではなく、

自分から招いた罠「恐怖、無知、欲望」のせいなのです。

人間は、生まれてから死ぬまで恐怖と欲望という二つの感情を持ち続けます。

大事なのはそれらの感情を長い目で見て、自分のためになるように使うことです。

経済的に苦しんでいる人の特徴として、恐怖や欲望を自分のためにならないように使ってしまいます。それが無知の始まりです。

無知こそが最大のリスクなのです。

人間が自分を知るための情報や知識を求めなくなるとすぐに無知がしのび寄ってきます。

「無知」と「啓蒙」の間には絶え間ない戦いがありますし、瞬間ごとに要求される決断によって勝負が決まります。

つまり情報や知識を手に入れるために心を開くか開かないかを決めることで、無知か啓蒙かの道が分かれることになります。

恐怖をしっかり見つめ、欲望や人間の弱点、強欲さに立ち向かい頭を使って考えて道を切り開いて行きましょう。

 

お金の流れの読み方を学ぶ

お金について無知であればお金は出ていくばかりです。

お金持ちはになる最短の方法は、シンプルにお金について勉強することです。

近年、多くの人がお金の心配ばかりしている印象です。もっとも偉大な富「教育」にフォーカスすることに懸念をいだいてます。

柔軟性を持って新しいものを受け入れ学び続けることができれば、人は変化を乗り越えるたびにどんどん裕福になっていきます。

問題を解決し、お金を生むのは頭脳です。

お金に関する知性(ファイナンシャル ・インテリジェンス)は少しの勉強ですぐに身につきます。

人生で大事なのは、

どれだけお金を稼げるかではなく、

どれだけのお金を持ち続けることができるかです。

ファイナンシャル・インテリジェンスのない人が宝くじで1億円当たったとしても、

お金の使い方は分かりますが、お金の増やした方は全く分からないため、すぐに使ってしまい、

結果、お金にまた困ることになります。

 

資産の負債の違い

ファイナンシャル ・インテリジェンスや

ファイナンシャル ・リテラシー(お金に関する読み書きの能力)も今後必要になってきますが

その中でも

資産と負債の違いを知ることが第一で大事になってきます。

まず大切なのは、資産と負債の違いを知り、資産を買わなければならないということです。

お金持ちになりたい人が知っておくべきことはこれにつきると言っても過言ではありません。

いわゆるお金持ちになるための鉄則のようなものです。

「そんなことは簡単じゃないか」の思われる方も多いと思いますが、

このルールの持つ意味の深さを本当に理解している人は少ないです。

大半の人は本当の資産と負債の違いを知らないため、お金に関して無知であったり直面されてる方も実際にいます。

お金持ちは資産を手に入れ、

中流以下の人たちは負債を手にいれ、資産だと思い込みます。

ちなみに例を出すと駐車場の空きスペースを貸すだけで毎月2万5千円の副収入
を得ている方は資産を持っているということになります。

資産と負債の違いを簡単に表すと

・資産は自分のポケットにお金を入れてくれる

・負債は自分のポケットからお金をとっていく

このような例えになりましたがお分かりいただけたでしょうか。

難しく考えることはありません。

お金持ちになりたいのであれば、

ただ「資産を買うこと」に生涯を捧げればいいのです。中流以下にとどまっていたい人には

負債を買うといいでしょう。

結論を言うと、

経済的に豊かになりたい人は、資産を買いましょう。

そして、資産を買うために今の時間の使い方や優先順位、

そして、お金の使い道(投資先)を考え直し、少しずつでもお金についての勉強をし、

まずは今の現状を変えることから始めましょう。
コロナウィルスによる不況も追い風になる不動産投資!
低所得者向けに圧倒的な家賃の安さをウリにする盤石の賃貸経営戦略で利回り20%以上を実現!
生き抜くための知恵を得られる空き家コンサル説明会を実施します!



-投資
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5