投資

今までの常識が覆される資産と負債の本当の真実について【まとめ】

持ち家は資産でも投資でもなく「負債」

この事実に衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。

私もつい最近までは、持ち家は資産だと思ってましたが、ロバート・キヨサキが著者でもある金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

読んで、自分の資産と負債の価値が180度ひっくり返されました。

今回はこの金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学の内容も交えながら、本記事にシェアしていきます。

本記事は、

・資産と負債の違いがいまいち分からない

・持ち家が資産だと思っていた

・なぜ持ち家が負債なのか?

このような疑問や悩みをお持ちな方には必ず読んでいただきたいです。

▪︎資産と負債の違いとは?

資産や負債について、いまいち理解出来てない方も少なくないと思います。

ましてや資産や負債という言葉を初めて聞きたこともおられるのではないでしょうか。

そのような方でも全然大丈夫です。

今日からでも資産や負債といった将来のお金について少しずつ学んで実践していきましょう。

まず資産と負債について下記にまとめましたので、ご覧ください。

資産とは貨幣価値に置換可能で、所有していることで現時点から将来にわたり収益をもたらすものです。

負債とは貨幣を支払う義務があり、資産の定義と逆の表現をすると、所有していることで現時点から、将来にわたる収益を滅失させるものです。

 

資産と負債の違いを簡単に表すと、

資産は自分のポケットにお金を入れてくれるもので

負債は自分のポケットからお金をとっていくものです。

例に出すと

負債車、持ち家、ブランド品、カードローン、未払金、リース

資産▼不動産投資▼空きスペースを貸すだけで毎月収入が入ってくる貸し駐車場FX


大切なのは、資産と負債の違いを知り、経済的に豊かになりたいのであれば、

まずは資産を買わなければならないということです。

全ての人に該当して言えますが、結論これに限るといっても過言ではありません。

いわゆる経済的に豊かになるための鉄則のようなものです。

持ち家が資産ではない理由は、持ち家は家計からお金を吸い取っていき、住宅ローンを払い終えてたときには、

買値の時よりも価値がはるかに下がっているからです。

想像してみてください。

新築の家を建てたとして30年ローンを組んだ設定です。30年経ち、住宅ローンをやっと払い終わったと思いや、外観も廃れて、家の外も中も手直しするところばかりで、ましてや、土地の価値も下がっているかもしれません。売りたくても売れず、結果、固定資産税や修繕費、保険といった固定費がかかることになり、ローンを払い終えても家を所有しているだけで、家計からお金が出ていくのが目に見えてわかります。

それでも家を購入したいという方は、次のことを頭にいれておきましょう。

・家のために2030年(個人差あり)お金を払い続ける

・家を購入したほとんどの人が何年かおきに手直し等したり、新し家に買い換えるため、

 ローンが積み重なりローンの返済が早まることはない

・住宅ローンの返済の利子分を対象の所得から控除することができたとしても、

 そのほかの経費は税金を取られたあとの収入から払わなければならない。

・固定資産税も思っている以上にかかってくる

・家の価値は下がっていくものだと思った方がいい

・家に全てのお金をつぎ込むことによって、チャンスを掴むことができない可能性がある

これらをふまえてうえ、持ち家を購入することをおすすめします。



 

もしあなたが人と同じことをしたいというタイプだとしたら、

持ち家を持ち、働いている、という場合、次のようなことを意味します。

・他人のために働く

会社勤めをしている人は、自分ではなくその会社のオーナーあるいは株主を金持ちにするために働いてます。あなたの努力と成功は、結局はオーナーの成功と引退後の生活を助けるだけです。

・政府のために働く

政府はあなたの給料から分け前を差引きます。ですので、給料の全額をあなたに拝むことはできません。一生懸命働けば働くほど、税金を多く払わなければなりません。大半の人は年に5ヶ月は政府のために税金を払うためだけに働いています。

・銀行のために働く

税金を引かれたあとの支出で1番大きいのは、大半の場合、住宅ローンの返済とクレジットカードの支払いです。

 

まとめ

一生懸命働くだけではダメだというのは、増えた収入のうちの大部分が今あげたような仕組みで、

他人のふところに入ってしまうからです。

一生懸命働いたらその努力した分がそのまま自分や自分の家族の利益になるための方法を学ぶ必要があるのはこのためなのです。

ですので、まずは今の自分の状況をま把握することから始めましょう。

そして、今現在、負債を抱えている方も負債をまだ抱えてない方も、負債に対していまいちど真剣に考え、

資産を買うために今何ができるのかを考えましょう。

本を読んでみるのもありですし、セミナーにいくのもひとつの手です。

未来の自分は今の自分です。

今の自分は未来の自分です。

今を変えることが未来を変えます。

良い未来を掴み取りたいのであれば、まずは現状を変える努力をし、知識つけましょう。

そして知識をつけるために、本を読み、セミナーに足を運び、

学ぶだけではなく、行動(実践)に移すことで、必ず現状も変わり未来も変わるので、

今日から早速、学び、実践していきましょう。

 



-投資
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5