ブログ

WordPressのおすすめのプラグインを6つ紹介【これだけでOK】

 

本記事は、

「WordPressでブログを開設したけど、どのプラグインを入れたらいいか分からない」

という方に、おすすめのプラグイン6つをご紹介します。

 

本記事の内容

  • WordPressのおすすめプラグイン6
  • WordPressテーマが優秀ならプラグインは少なくてOK
  • プラグインをインストールして有効化する3つの手順

 

まだWordPressブログを立ち上げていない方は、下記の記事からサクッとブログを作りましょう。

10分程度でブログを始めることができますよ。

【初心者でも超簡単】10分で作れるWordPressブログの始め方

続きを見る

 

そもそも、プラグインを入れる理由とは、WordPressを拡張するためです。

 

WordPressは誰でも使えるようシンプルに設計されているため、初期状態では、ほとんど機能がありません。

 

イメージとしては、「新車(WordPress)を購入して、追加でオプション(プラグイン)を付ける」という感じですね。

 

ざっくりと理解できればOKです。

 

一方で、iPhoneのアプリと一緒で、プラグインは入れすぎると重たくなったり、管理が大変になるというデメリットがあります。

 

そのため、今回はWordPressブログを立ち上げたばかりの人が、最初に入れておくべき必要最低限のプラグインを6つご紹介します。

 

なぜ、最小限でいいかというと、最近のWordPressテーマ(デザインテーマ)が優秀なので、プラグインを入れなくても同じ機能を担ってくれるのです。

 

少し前置きが長くなりましたがさっそく、おすすめのプラグインをご紹介していきます。

 

おすすめのWordPressテーマは、下記の記事からご覧いただけます。
最初に、いいテーマを選んでおけば、SEO対策が容易になったり、プラグインを減らせるメリットがあります。

【収益化に繋がる】おすすめのWordPress有料テーマ3選

続きを見る

 

 

WordPressのおすすめプラグイン6

 

それでは、早速おすすめのプラグインをご紹介していきます。

 

今回ご紹介するのは絶対に入れておきたいプラグイン4つと、運営サイトで必要であれば追加した方がいい予備のプラグイン2つの計6つです。

 

◼️必須プラグイン

①:Google XML Sitemaps【サイトマップ作成】

②:Broken Link Checker【リンク切れチェック】

③:Akismet Anti Spam【スパム防止】

④:BackWPup【バックアップ確保】

 

◼️予備プラグイン

⑤:Contact Form 7【お問い合わせフォーム】

⑥:EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

 

上記の6つですね。

 

それでは、1つずつ解説していきます。

 

①:Google XML Sitemaps【サイトマップ作成】

Googleに、サイトマップを作成するプラグインです。

サイトマップとは、サイトの設計書みたいなもので、Googleにサイト構造を理解してもらうために送信します。

 

Google XML Sitemapsでサイトマップを作成して、Google Search Consoleに送信すればOKです。

 

サイトマップを送信しておくことで、新規記事をスムーズにインデックス登録してもらうことができます。

 

②:Broken Link Checker【リンク切れチェック】

サイト内でリンク切れが発生した時に、お知らせしてくれるプラグインです。

ブログの記事数が増えてくると、リンクを1本ずつチェックするのはけっこう厳しいので、かなり助かりますよ。

 

例えば、記事内で引用させてもらった、ツイートの元投稿が消えたときなども、お知らせしてくれます。

 

プラグインを有効化して、通知用のメールアドレスを設定しておきましょう。

 

③:Akismet Anti Spam【スパム防止】

スパムコメントを防止するプラグインです。

サイト運営をしていると、国内外からスパムコメントが投稿されます。

 

1つずつチェックするのは大変なので、Akismet Anti Spamを導入することで自動的にスパムを防いでもらいましょう。

 

コメント欄を開放している場合は、Akismet Anti SpamONにしておくとOKです。

 

④:BackWPup【バックアップ確保】

 

データをバックアップしてくれるプラグインです。

 

もしもの時に備えて、バックアップを取っておくのはリスクヘッジになります。

 

少々、設定がメンドウなのですが、1回設定しておくと、あとは自動でバックアップしてくれるので便利です。

 

ここからは、予備のプラグインを2つご紹介していきます。

 

⑤:Contact Form 7【お問い合わせフォーム】

サイトにお問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

 

お問い合わせフォームを設置することで、サイトの信頼性にも繋がり、Googleアドセンスの審査にも通りやすくなるので、余裕がある方は是非いれておいた方がいいでしょう。

 

お問い合わせフォームの内容は、新規作成するときに編集することができます。

サイトに、お問い合わせを設置したい方は、ぜひご利用ください。

 

⑥:EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

WordPressにアップロードした画像を、圧縮してくれるプラグインです。

 

外部の人が、画像サイズを気にせずアップロードしても、圧縮してくれます。

 

自分しかWordPressを触らないという人は、導入しなくてもOKです。

 

WordPress有料テーマならプラグインは少なくてOK

最近のWordPresの有料テーマは、かなり優秀でプラグインをたくさん入れなくても、ブログ運営に役立つ機能が入っています。

 

例えば、

  • SEO内部対策
  • 人気記事の表示
  • アドセンスの設置

など、WordPressの有料テーマによってはかんたんにできてしまいます。

 

補足として、SEO内部対策とは、メタディスクリプションの設定や、Google AnalyticsGoogle Search Consoleといった分析ツールとの連携のことです。

 

プラグインは、入れすぎるとサイトが重たくなってしまう原因につながります。

 

最初に、テーマ選びをしっかりしておくのがおすすめです。

【収益化に繋がる】おすすめのWordPress有料テーマ3選

続きを見る

 

プラグインをインストールして有効化する3つの手順

 

ここまでは、おすすめのプラグインと、WordPressテーマの重要性についてお話してきました。

 

続いては、プラグインのインストール~有効化の手順を解説します。

 

主な手順は3つだけです。

 

手順

①新規追加からインストール

②インストールしたら有効化する

③停止ボタンでストップする

 

1つずつ、順を追ってご説明していきますね。

 

①新規追加からインストール

 

プラグインは、WordPress管理画面からインストールします。

 

「プラグイン」「新規追加」をクリックして、右上の検索窓にプラグインの名前を打ち込みましょう。

 

続いて、「いますぐインストール」をクリックしてインストールします。

 

インストールが完了すると、「いますぐインストール」「有効化」に切り替わります。

 

②インストールしたら有効化する

 

次は、プラグインを有効化していきます。

 

「有効化」をクリックするだけで、OKです。

 

③停止ボタンでストップする

 

最後は、プラグインを停止する方法をご紹介します。

 

プラグインを停止するには「停止」をクリックすれば停止完了です。

 

まとめ:WordPressの利便性はプラグインで決まる

 

本記事でご紹介してきた、6つのプラグインをまとめます。

 

◼️必須プラグイン

①:Google XML Sitemaps【サイトマップ作成】

②:Broken Link Checker【リンク切れチェック】

③:Akismet Anti Spam【スパム防止】

④:BackWPup【バックアップ確保】

 

◼️予備プラグイン

⑤:Contact Form 7【お問い合わせフォーム】

⑥:EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

こんな感じですね。

 

WordPressはプラグインで、必要な機能を追加しながら使えるので、ご自身にあったプラグインを利用してみてください。

 

しかし、プラグインの入れすぎは、サイトを重たくしてしまうので注意です。

 

今回は、以上です。

 

-ブログ
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5