生き方

親不孝者の生き方とは?【過去は変えられないが未来は変えること出来る】

あなたは不意に「自分って親不孝だな・・・」と思った経験はありませんか?

これまでの人生で、両親への過ちや、両親に対する良くない発言や行動で、忘れられないような後悔を一度はしたことがあるのではないでしょうか。

そんな忘れられない親不孝を経験したことがある人でも大丈夫です。

親不孝をしたとしても生き方はたくさんあります。

「親不孝をしてきたけど今後どうやって生きていけばいいのだろうか」と悩みを抱えている人は、本記事を読み進めてください。

きっと良い解決方法が見つかるはずです。

 

本記事はこんな人におすすめ

  • 親不孝をしてきた人
  • 過去に親不孝で後悔している人
  • 親不孝者の生き方が知りたい人

 

 

親不孝者の特徴とは?

親不孝者の特徴として以下の点があげられます。

  • 働かない(ずっとニート暮らし)
  • クセの強い異性と付き合う
  • 社会的犯罪に手を染めてしまう
  • 親が悲しむ行動を平気でする
  • 親に尻拭いばかりさせる
  • 自分の姿を暗ましたり隠したりする
  • 親の考えを理解しようとしない

これらは一部にしか過ぎませんが、その他にも人それぞれ思いあたるふちが、あるのではないかと思います。

 

親不孝をしてきた過去は変えられない

どんな小さな親不孝や、誰もが反対するような大きな親不孝でも、過去の出来事は変えることが出来ません。

とはいっても、過去の親不孝により後悔している人は、少なからずいるのではないでしょうか。

 

過去の親不孝は変えられないが今後は自分次第

過去の親不孝は何があっても変えることは出来ません。しかし今後の親不孝に関しては、自分の生き方次第で変えることが出来ます。

変えることも出来ますし、両親との関係も築けていくことが可能です。

過去に後悔する気持ちは分かりますが、過去は変えられないので、これからの自身の行動を変えていくことが、親不孝と向き合ううえで大切なことになります。

 

親不孝者こそ成功する

親不孝者だからといって、目標や夢を諦めたりしていませんか?

親不孝者にだからこそ出来ることや、成し遂げられることはたくさんあります。

親不孝者は、両親関係で悩んでいない普通の人に比べて、「強い何か」を持っているはずです。

それをプラスに変えるか、それともマイナスに変えるかは自分次第です。

親不孝をポジティブに捉えると、あなたの生き方もガラッと変わってくるでしょう。

 

親不孝者の今後の生き方

親不孝者だからといって、今後の生き方に支障が出るのは嫌ですよね。

親不孝者でも自分らしく生きる方法はたくさんあります。

今回はマインド的なものですが、下記の三つを意識することで、親不孝者でも自分らしく生きることが出来るので、一つずつ解説している内容を見ていきましょう。

 

生き方1:主体的になる

親不孝者が自分らしく生きていくためには、主体的になることが大切です。

主体的とは自主的に行動し、自らの意思や判断を尊重して実行することです。また他に強要されず、嫌々や衝動的でもなく、自らの意思決定で自発的に行動に移ることです。

要は人生の選択権決定権は自分にありますよってことです。

あの有名な「7つの習慣」という自己啓発本にも、主体的に生きる大切さが書かれています。

主体的に生きることで親不孝したことが、頭から少しずつ薄れていきます。

>> 7つの習慣を読んで見る

 

生き方2:後悔しない生き方を心掛ける

今まで散々親不孝をしてきた人は、後悔の度合いが物凄く大きいはずです。

過去に後悔している自分って嫌ですよね。

後悔していることを反省しているのであれば、「後悔しない生き方」をしていけばいいのです。

今まで親不孝をしてきた実感があるのであれば、今後は親不孝親孝行に変えていくことで、あなたの親不孝に対する後悔は今後無くなるはずです。

 

生き方3:親孝行をしてみる

a hospital visitor's hand holds a patient's hand in bed of a hospital ward. In the blurred background a young nurse is chatting to the ward sister about the patient's care.

親不孝してきたと思っている人でも大丈夫です。今からでもまだ全然遅くないですよ。

何が遅くないのかというと親孝行をすることです。

親不孝をしてきた分、親孝行をして返しましょう。

親孝行をすることで、過去の親不孝は親不孝ではなくなります。というのも「親不孝と思っていたのは自分だけだったんだ」と気がつくからです。

自分は親不孝だと思っていても、いざ親孝行をしてみると、親不孝で悩んでいた自分がどこかに消えていきます。

勇気はいりますが、プレゼントやご飯に連れていくみたいな小さなことからでもいいので、まずは両親への感謝の気持ちを伝えるために、行動をしてみましょう。

 

親不孝者こそ親孝行をするべき

親不孝者こそ両親へ親孝行をするべきです。

幼少期から今までたくさんの心配や、迷惑をかけてきたのでしたら、なおさら二倍、三倍にして親孝行をしましょう。

テレビやネットでこのような話を聞いたことがありませんか?

「幼少期はヤンチャで両親に迷惑ばかりかけてた不良少年が、今まで親不孝をしてきた申し訳のない気持ちと、育ててくれた感謝の気持ちを恩返しとして両親にプレゼントする」

このような話を一度は目にしたり、耳で聞いたことがあるのではないかと思います。

極端にいうとこんな感じです。

この話だと結論はハッピーエンドですよね。

過去は変えられないけど、未来は変えていくことが出来る」まさにこのことですね。

あなたのちょっとした親孝行が、あなた本人の人生にも良い影響を与えてくれますよ。

 

まとめ:親不孝者は未来を変えていける

親不孝者の生き方について解説しましたが、普通の人よりも親不孝者の方が、断然に成長するチャンスが転がっています。

  • 過去は親不孝だった現在は親孝行
  • 親孝行をしたことがなかった親孝行を初めてした

などなど親不孝者は、人生を大きく変える成長が出来るので、現在親不孝だと思っている人は、ポジティブに捉えてもOKです。

大事なのは行動に移すこと。

あなた自身の行動次第で、過去は変えることが出来なくても未来を変えることは出来るので、まずは勇気を振り絞って、親不孝から親孝行に変える努力をしていきましょう。

 

-生き方
-, ,

© 2021 Top Class Powered by AFFINGER5