生き方

【重要】人を動かすための方法について深堀りして詳しく解説

 

人を動かすために大事なことを、本記事で解説していきます。

 

本記事は、

  • リーダーとしてメンバーを引っ張っていきたい
  • 部下や後輩に適切な指導をしたい
  • チームをまとめていきたい

このようなお悩みを抱えている方に、オススメの記事になります。

 

本記事の内容は、上記の悩み抱えている方以外にも、

最近プライベートでうまくいってない方や、就職活動で悩んでいる方にもオススメの内容になっています。

 

人を動かすためには褒めることが大切

人を動かすために大事なことが褒めること!?と疑問に思われた方も多いかと思われます。

そうなんです。人を動かすために最も大事なことは、「褒める」ことなんです。

人を動かす秘訣として、自ら動きたくなる気持ちを起こさせること。それが褒めるということに繋がっています。

人間は誰しも他人から褒められると嬉しいはずです。

他人の長所を延ばすには褒める事、励ます事が何よりも大事です。

他人の自己評価に栄養を与えるよう気持ちで接していきましょう。

 

人を動かすためには欲しがっているものを与える

人を動かすには欲しがっているものを与えるのが唯一の方法です。

例を出すと、

  1. 健康と鳥獣
  2. 食物
  3. 睡眠
  4. 金銭および金銭によって買えるもの
  5. 来世の命
  6. 性欲の満足
  7. 子孫の繁栄
  8. 自己の重要感 重要人物たらんとする欲求

与える精神が物凄く大事で、その人が何を求めているのかを明確にする必要があります。

求めているものが明確になれば、人を動かすための準備が出来たとも言えるでしょう。

 

感嘆とお世辞の違いについて

次に感嘆とお世辞の違いについて解説していきます。

・感嘆とは感心して褒めること。嘆き悲しむこと。

<感嘆=真実で言葉が心から出ます>

・お世辞とは…心にもないことを愛想のために言う。

<お世辞=真実ではないので、言葉が心からではなく口先から出ます>

他人の長所を考え見つけ出すことで軽いお世辞を言わなくなります。

率直で誠実な評価を与えることが人を動かすために大事になってきます。

 

人を動かしたいのであれば、まずは人の立場に身を置く

人を動かす方法のひとつとして、その人の好むものを問題にしそれを手に入れる方法を一緒に考えることです。

人間の行動は心の中の欲求から生まれます。

その相手の心の中の欲求から好むものを問題にして、それを手に入れる方法を一緒に考えることが、人を動かすために大事になってきます。

 

人を動かすための最善の方法

人を動かすための最善の方法は、相手の心の中にある強い欲求を起こさせることです。

相手の心の中の欲求をを起こさせるためには、相手の話をしっかりと聴くことに限ります。

人を説得して何かやらせようと思えば、口を開く前にまずは自分に尋ねてみることが大事です。

どうすればそうしたくなる強い欲求や強い気持ちを相手に起こさせることができるのか。

他人の立場を理解し自分の立場と同時に他人の立場からも物事を見ることができる能力が必要になってきます。

 

人を動かすためには相手の名前を覚えること

次に人を動かすために大事なことは、相手の名前を早く覚えることです。

名前は最も大切な響きをもつ言葉です。

相手の名前を早く覚えてその人の特徴や性格など細かい部分までメモなどをして理解に努めましょう。

人は10歳の頃から自分の名前に並々ならぬ関心をもちます。

人は自分の名前を呼ばれると相手への警戒心も和らぎ、距離も縮まります。

距離を縮めることによって、お互いの関係性も良くなります。

最後に、「人を動かす」の著者でもあるデール・カーネギーさんから

著書を通して学ばせてもらったことを箇条書きで下記に書きます。

 

まとめ

まとめ

・常に相手に重要感を持たせること

・人にしてもらいたいことを人にもする

・誠意を込めて重要感を与える

・人と話をする時はその人自身のことを話題にせよ

・議論を避ける

・理論闘争の華々しい勝利を得るのがいいか、それとも相手の好意を勝ち得るのがいいか

・まずは相手の言葉に耳を傾ける

・意見が一致する点を探しながら最後まで聞く

・議論を避ける、誤りを指摘しない

・イエスを言わせるように質問をする

・イエスを言わせ続けることによってノーが言いづらくなる

・相手にしゃべらせる

・人から押し付けられた意見よりも自分で思いついた意見の方がはるかに大切にする

・相手の考えに対して同情を寄せる、相手に重要感を与える

-生き方
-

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5