副業

契約社員の副業は可能なの?【実体験をもとに極秘情報も解説】

 

本記事は、以下のようなお悩みを解決する記事です。

  • 契約社員でも副業は可能なの?
  • 契約社員にできる副業を知りたい!
  • 契約社員におすすめの副業は?

 

本記事を書いている僕は、現在サラリーマン×副業でご飯を食べています。 今は正社員で働いていますが、少し前までは契約社員として働いていました。

ちなみに、その時から副業に取り組んでいたので、僕の実体験を交えながら本記事を解説していきますね。

 

本記事の内容はこちら

  • 契約社員は副業可能なの?
  • 契約社員が副業を考える理由
  • 契約社員の副業を禁止する理由
  • 契約社員が副業をする際の注意点
  • 契約社員におすすめの副業をご紹介

 

「今すぐに契約社員におすすめの副業が知りたい」という方は、契約社員におすすめの副業5選へ進んでくださいね。

 

では、さっそく本記事を解説していきます。

 

もくじ

 

契約社員の副業は可能なの?

 

結論からいいますと、契約社員の副業は可能です。

 

しかし、一般的に契約社員の副業は企業にとってリスクになることが多々ありまして、それを理由に副業禁止をうたっている企業が多いのも事実です。

 

企業にとってのリスクに関しては、後ほど解説していきますが、リスク回避で副業を禁止している企業も少なくありません。

 

そこで、契約社員側のリスク回避のためにも、契約社員の副業が可能か確かめる唯一の方法として、以下のような手段があります。

 

契約社員の副業は就業規則を確認しよう

 

契約社員の方が、副業可能か確認する方法として、会社の就業規則を読むことで副業可能か確認することができます。

 

契約社員の場合は、正社員と同じ就業規則が適用されるケースと、契約社員用の就業規則を適用するケースがあるため、確認する際には注意が必要です。

 

もし、入社する前から副業を考えている場合には、必ず会社との契約前に就業規則を確認しておきましょう。

 

契約社員の副業は法律的に可能なの?

 

結論、契約社員の副業は法律的に可能です。

 

しかし公務員の場合は、地方公務員法または国家公務員法で、副業をする場合には許可が必要である旨が記されています。

 

公務員の副業に関しては、【公務員必見】公務員でも副業ができるの?注意点や対処法も解説で詳しく解説しています。

 

一方、公務員以外の場合は副業を禁止する法的な制限は全くありません。

 

就業規則で禁止されていても、日本国憲法憲法第22条では職業選択の自由が規定されており、終業後のプライベートな時間をどう過ごすかは個人の自由です。

日本国憲法第22

第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

②何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

出典: 電子政府の総合窓口 e-gov 日本国憲法第22

 

ただひとつ注意するとすれば、会社の就業規則です。

 

上記の通り、契約社員の副業を禁止している企業もあるため、副業に興味がある場合は事前に就業規則を確認しておきましょう。

 

また、もしも原則禁止されていても、やむを得ない家庭の事情や、「どうしても」という決定的な理由がある場合には、企業によっては認めてもらえる可能性があります。

 

副業禁止の会社に勤めている場合、どうしても副業がしたいのであれば、一度上司に相談してみるのもひとつの手ですね。

 

国の副業解禁は契約社員に限らず始まっている

 

国による副業容認は、すでに始まっています。

 

これまで副業禁止が当たり前だった日本ですが、働き方改革の影響もあり2016年から国が副業容認に向けて動き始めました。

 

そして「勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」という規則が追加されたことにより、副業OKを促す企業が少しずつ増えてきました。

 

20181月に厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、「モデル就業規則」から副業を禁止する規定が削除され、副業が解禁されました。

 

副業が解禁されたのは、政府が働き方改革の一環で副業を推進していること、それを受け副業を解禁する企業が増加したためです。

 

契約社員が副業を考える理由は?

 

契約社員が副業を考える一番の理由として、給料の少なさにあると考えられます。

 

僕自身が契約社員の頃も、月収やボーナス、その他手当など、正社員とは比べ物にならないほど格差がありました。

 

契約社員の給料は、正社員の給料に比べると明らかに少ない傾向にあるほか、企業によっては契約社員への賞与やボーナスを支給しない企業も多いのです。

 

その結果、契約社員が副業を考えることになりかねない状況になってしまうのです。

 

企業が契約社員の副業を禁止する理由とは?

 

なぜ企業は、契約社員の副業を禁止しているのでしょうか。

 

その理由としては、主に以下のものが挙げられます。

 

  • ①:会社の業務に支障をきたす可能性があるため
  • ②:守秘義務の観点から禁止しているため
  • ③:就業規則に記載しているため

 

では、ひとつずつ解説していきます。

 

理由①:会社の業務に支障をきたす可能性があるため

 

企業としては、契約社員が副業に力を入れすぎて、本業の業務に支障が出ることは問題視せざるを得ません。

 

週末に数時間作業をする程度ならば、それほど問題にならないかもしれませんが、副業にのめりこんでしまい、普段の会社での業務と同じくらいの時間やエネルギーを使っているとなると、当然、本業の方にも支障が出てきてしまうでしょう。

 

場合によっては、副業の疲れから本業で欠勤が多くなってしまうかもしれません。

 

そういったリスクを防ぐために、あらかじめ契約社員に副業を禁じている企業は多くあります。

 

理由②:守秘義務の観点から禁止しているため

 

副業を始める契約社員の中には、本業に関係のある仕事を副業に選ぶ場合があります。

 

その方が諸々の業務に慣れているため、そうでない場合に比べて早く収入に結びつくからです。

 

しかし、副業を通じてさまざまな相手と接触する中で、本業に関する業務上の秘密や、社外秘とされているような情報やノウハウなどを副業で応用する可能性もあります。

 

特に本業の秘密を部外者に話してしまうことは、明らかな情報漏えいなので、企業としては当然、見逃せないでしょう。

 

そういったリスクを排除するために、副業を禁止している企業は多くあります。

 

理由③:就業規則に記載しているため

 

特に理由を明示しているわけではないものの、古くからある会社の就業規則に副業禁止の項目がある企業は少なくありません。

 

特に数十年以上も続いている企業ならば、上司を含めた多くの社員にとって「なぜ副業が禁止されているのかわからない」というケースもあります。

 

副業の禁止を決めた創業者が、すでにその企業にいないこともあるでしょう。

 

そうなると、たとえ直属の上司が副業に理解のある人だったとしても、就業規則に書かれているからという理由だけで、慣習的に副業が禁止になっている可能性があります。

 

契約社員が副業をする際の注意点

 

次に、契約社員が副業をする際の注意すべき点を解説していきます。

 

結論からいいますと下記が注意点です。

 

  • ①:給与所得が20万円を超えると確定申告が必要
  • ②:本業に支障が出ないように注意する

 

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

注意点①:給与所得が20万円を超えると確定申告が必要

 

副業による1年の給与所得が20万円以上の場合は、確定申告が必要になってきます。

 

確定申告をしないでいると、遅かれ早かれ後々税金を支払わなくてはなりません。

 

また、副業の種類や収入金額によって確定申告の方法が異なるため、もし20万円以上の所得が見込めた場合は、事前に正しい確定申告の仕方を確認しておきましょう。

 

ほとんどの場合、副業の事実は年末調整やマイナンバーなどによって契約先の企業に伝わるため、副業を始める際は、副業が禁止されているかどうかを事前に確認しておくことが大切です。

 

注意点②:本業に支障が出ないように注意する

 

副業をする際は、本業に支障が出ないように注意する必要があります。

 

副業に夢中になりすぎて、本業に支障をきたすようなことは、たとえ契約社員であってもよくありません。

 

もし自己コントロールに自信がない方は、無理をしないというのも賢明な選択肢です。

 

例えば、本業に支障が出た場合、会社から兼業を禁止される可能性もあります。

 

自分自身のキャパシティを踏まえて、時間と業務量をしっかりとコントロールすることが大切です。

 

少しでも不安な場合は、余裕を持った業務量からスタートし、徐々にペースをつかんでいきましょう。

 

契約社員におすすめの副業5

 

契約社員におすすめの副業を、5つご紹介していきます。

 

あなたにあう副業があれば、ぜひ実践してみてくださいね。

 

結論からいいますと、下記が契約社員におすすめの副業です。

 

  • ①:ブログアフィリエイト
  • ②:Webライティング
  • ③:プログラミング
  • ④:アンケートモニター
  • ⑤:SNS運用

 

では、ひとつずつ解説していきますね。

 

おすすめ副業①:ブログアフィリエイト

 

ブログアフィリエイトとは、ブログやサイトを運営し、広告収入で報酬を得る副業になります。

 

ブログアフィリエイトは、初期費用や固定費がほとんどかからないので、初心者でも始めやすく継続しやすい副業です。

 

ちなみに、僕も契約社員の時からブログアフィリエイトに取り組んでいますが、現在6桁の副収入が何もしなくても入ってきている状態です。

 

Web上でお金を生み出してくれるブログ記事は、崩れにくい資産ともいえるので、将来お金に不安がある方は、ブログ記事を積み上げていくことをおすすめします。

 

記事がお金を生み出してくれるので、一度記事を量産すれば、不労所得で収入を手にすることができますよ。

 

もっと詳しくブログアフィリエイトの仕組みを知りたい方は、初心者でもわかる「ブログ収入が生まれる仕組み」で詳しく解説しています。

 

「今すぐにブログアフィリエイトを始めたい!」という方は、下記の記事を参考にすれば初心者でも10分ほどでブログを始めることができますよ!

【初心者でも超簡単】10分で作れるWordPressブログの始め方

続きを見る

 

おすすめ副業②:Webライティング

 

Webライティングとは、ブログの運営者や企業から依頼された記事の執筆、口コミなどのレビューを書いて納品することで、報酬を得られる副業です。

 

Webライティングといわれると、パソコンがないと難しそうなイメージですか、スマホ1台でも気軽に始めることができる副業です。

 

副業でWebライティングを始める手順は、初心者がWebライターとして副業を始める手順【稼ぎ方も解説】で詳しく解説しています。

 

契約社員の方であれば、仕事の休憩時間や仕事終わりの隙間時間などを有効活用しながらできますよ。

 

Webライティングは基本的に、文字単価で報酬が決まることが多く、文字単価の平均は1文字あたり0.51円程度です。

 

例えば、文字単価1円の場合、3,000文字の案件を執筆すれば、報酬額は,3000円になります。

 

上記を見ると「これだけ文字数書いているのに単価が低いなぁ」と思われるかもしれませんが、スキル次第では文字単価を上げることが可能です。

 

例えば、上級者だと1文字5超上級者になる1文字7など、数をこなしてスキルアップをすることで、大幅に収入を上げることが可能なのがWebライティングの特徴です。

 

Webライティングの案件は、以下のクラウドソーシングがおすすめなので、もしWebライティングを始めたいなと思っている方は、登録だけなら無料なので、一度どんな案件があるか覗いてみてもいいかもしれませんね。

 

おすすめ副業③:プログラミング

 

契約社員のおすすめの副業として、プログラミングもおすすめの副業です。

 

そもそもプログラミングをご存知でしょうか?

プログラミングとは、一言でいうとコンピュータへの指示を記述することです。

 

コンピュータは、あらかじめ用意されたプログラムの内容を読み取り、指示された通りの処理を実行し、得られた結果を返します。

 

このプログラムを構築することを、プログラミングと呼びます。

 

プログラミングによってできることは多岐にわたりますが、例えば、Webサイト制作アプリの開発ゲームの開発まで、すべてプログラミングによってできています。

 

プログラミングといわれると、一見難しそうに聞こえますが、やってみると意外と楽しく、ゲーム感覚で学ぶことができます。

 

初心者がプログラミング副業で稼ぐ手順は、プログラミング初心者が副業で稼ぐための具体的な手順を徹底解説で詳しく解説してるので、気になる方は参考にしてみてください。

 

また、最近ではプログラミングを教えてくれるスクールもあるようで、今ならプログラミングを無料体験できるみたいですね。

 

プログラミングがどんなものか気になった方は、一度無料体験で試してみてはいかがでしょうか。

無料でプログラミングを体験してみる

 

おすすめ副業④:アンケートモニター

 

アンケートモニターとは、アンケートサイトに登録して、案件の質問やアンケートに答えて、報酬を受け取る仕事です。

 

基本的に、報酬は現金ではなくポイントで受け取ることが多いようです。

 

登録やアンケートの回答はスマホでも行えるため、忙しい契約社員の方でも移動時間や隙間時間などを有効活用しながら取り組めますよ。

 

アンケートモニターは、初心者でも気軽に始めることができますが、その分単価が低いのも特徴のひとつです。

 

完全出来高制なので、単価が低い分、数をこなして稼いでいく必要があります。

 

しかし、お小遣い稼ぎとして、隙間時間にサクッと稼げる副業として、多くの方から人気のある副業です。

 

アンケートモニターを今すぐ始めようと思っている方は、下記のリンクから無料登録することで、今すぐにでもお小遣い稼ぎができますよ。

 

おすすめ副業⑤:SNS運用

 

最後に契約社員のおすすめ副業として、SNS運用をおすすめします。

 

そもそもSNS運用とは、会社の情報発信や商品の宣伝活動などのためにSNSアカウントを運用することをいいます。

 

簡単に聞こえますが、作業内容は投稿だけではなく、コメント対応や広告運用、アクセス数の分析など多岐に渡ります。

 

また、企業アカウントであるため、個人の投稿とは性質が異なるので、責任が思いと感じることがある副業です。

 

しかし今の時代、このようなSNS運用は個人でも可能です。

 

最近では、TwitterTikTokInstagramなど、多くのSNSで個人でもマネタイズすることが可能になってきました。

 

特におすすめのSNS運用が、Instagramを使用した運用です。

 

理由はたくさんありますが、その中でもマネタイズがしやすいことや、資産性が強いことが挙げられます。

 

僕もInstagramは4つほどアカウントを持っていまして、そのうちの2アカウントでマネタイズができています。

 

そんなInstagramで稼ぐ方法は、下記の記事でご紹介していますので、インスタ運用を始めとするSNS運用に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

契約社員の副業でよくあるQA

 

最後に、契約社員が抱く副業に関する疑問や不安を下記でまとめました。

 

  • ①:上記の副業意外で契約社員ができる副業は?
  • ②:稼げる系の怪しいスマホ副業は本当に稼げるの?
  • ③:副業がバレることはあるの?
  • ④:副業がバレた時の罰則はあるの?
  • ⑤:契約社員から正社員になる方がいいの?
  • ⑥:契約社員から独立は可能なの?

 

QA形式で解説していますので、現在、契約社員の副業で不安や疑問がある方は、ぜひ下記を参考に不安や疑問を取り除いてくださいね。

 

①:上記の副業意外で契約社員ができる副業は?

 

上記でご紹介した副業以外で、契約社員ができる副業は、例えば下記のような副業があります。

 

  • 転売
  • 動画編集
  • データ入力
  • ポイント副業
  • スキルシェア
  • YouTuber
  • FX投資

 

詳しくは下記の記事で解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

 

②:稼げる系の怪しいスマホ副業は本当に稼げるの?

 

結論、怪しいスマホ副業は、詐欺まがいのものが多くほとんど稼げないのでやめておきましょう。

 

特に、身元のよく分からないSNS経由からのスマホ副業は、怪しさしかありません。

 

実際に僕自身も、SNS経由で誘われたスマホ副業をやってみましたが、手順通りに進めていく中で明らかに怪しくなってきたので、途中でやめました。

 

なので、稼げる系の怪しいスマホ副業には絶対に手を出さないようにしましょう。

 

上記の通り、僕自身が実際に怪しいスマホ副業をやってみたので、気になる方は下記でご覧ください。

 

③:副業がバレることはあるの?

 

ほとんどの場合、副業をしていることは外部にバレたりしませんが、唯一バレる場合として、住民税の増額で不自然に高いと会社での給与以外に収入があると分かってしまう場合のみです。

 

そのほか例外ですが、副業している場面を会社の上司などに見られてしまった場合は、バレる可能性があります。

 

会社にバレずにできる副業に関しては、下記の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

④:副業がバレた時の罰則はあるの?

 

就業規則に違反した場合、懲戒処分になるリスクがあります。

 

特に副業が本業に支障をきたしている場合や、同業他社で副業した場合、会社の信頼を失墜させるような行為があった場合は、処分の対象となる可能性が高まるでしょう。

 

しかし、余程のことがない限り、口頭注意か始末書で済むことがほとんどです。

 

口頭注意や始末書だけでは、減給や降格は考えずらいので、本業に支障が出なければ特に気にすることなく副業に取り組んでもいいでしょう。

 

⑤:契約社員から正社員になる方がいいの?

 

「収入を増やしたい」、「安定して働きたい」という希望があるなら、正社員がおすすめです。

 

正社員はボーナスや退職金といった収入面にメリットがあるのはもちろん、福利厚生が充実している、スキルアップにつながる仕事に携われるといった良さもあります。

 

将来を考えて正社員を目指したい方は、下記の転職サイトでどんな企業が求人を出しているのか、実際に確認してみましょう。

 

⑥:契約社員から独立は可能なの?

 

結論、契約社員から独立することは可能です。

 

独立する方法としては、契約社員で働きながら仕事終わりや週末を使って副業に取り組み、副業からの収入が本業からの収入を超えれば独立OKのサインです。

 

契約社員とはいえど、正社員にはない魅力がありますので、契約社員のメリットを最大限活かしながら上手くやっていきましょう。

 

⑦:契約社員が大幅に年収を上げる方法は?

 

契約社員が大幅に年収を上げる方法は2つありまして、

  1. 副業で副収入を増やすこと
  2. スキルや知識をつけて転職すること

 

下記で例をご紹介しますね。

 

例1)副業で副収入を増やすこと

 

例えば、ブログアフィリエイトでコツコツ頑張り続けた結果、半年後に10万円稼げたとします。

 

この時点で、年収は120万円アップが確定ですよね。

 

正社員の場合、どんなに頑張って給料が上がったとしても、1年間で5,000円~1万円程度です。

 

それに比べて、副業で個人で稼ぐ力を身につければ、年収も大幅に上げることができ、正社員よりもはるかに質の高い生活ができますよ。

 

例2)スキルや知識をつけて転職すること

 

副業で年収を上げる方法もありますが、一方で転職で年収を上げることも可能です。

 

例えば、僕の場合だと知識やスキルがないところから副業でブログを実践し、IT全般(Web系)の知識が身につきました。

 

結果として転職が上手くいき、月収が前職から5万円上がったので、年収も60万アップしました。

 

また、僕の友人の場合だと、プログラミングを学びエンジニアに転職しました。

 

結果として、月収が8万円アップして年収が約100万円上がったそうです。

 

もし同じ会社に10年間勤めた場合、転職前と転職後で年収を比べると、1,000万円もの差が生まれることになります。

 

このように年収を上げたいのであれば、「副業」または「転職」1番の近道ですね。

 

月収が上がれば生活の質が変わり、年収が上がれば人生が変わります。

 

ちなみに、IT系の企業に興味をお持ちの方は、下記の記事を参考にしてみてください。

 

まとめ:契約社員×副業で人生をより良くしていこう!

 

今回は、契約社員の副業についてご紹介しました。

 

本記事をざっくりまとめると、以下の通りです。

 

  • 契約社員の副業は法律的に取り組んでもOK
  • 契約社員の副業で注意すべき点は就業規則
  • 年間の所得が20万円を超えたら確定申告をする
  • 本業に支障をきたさない程度に取り組む
  • 契約社員×副業で人生が劇的に変わる

 

企業が契約の副業を禁止する理由

  • ①:会社の業務に支障をきたす可能性があるため
  • ②:守秘義務の観点から禁止しているため
  • ③:就業規則に記載いるため

 

契約社員におすすめの副業

  • ①:ブログアフィリエイト
  • ②:Webライティング
  • ③:プログラミング
  • ④:アンケートモニター
  • ⑤:SNS運用

 

以上が、本記事のまとめです。

 

契約社員でも年収を大幅にアップさせることは可能ですし、契約社員だからこそ人生をより良くしていけるチャンスです。

 

この機会に、契約社員×副業で生活の質を上げていきましょう。

今回は以上です。

 

-副業
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5