副業 転職

20代でおすすめの在宅ワーク【今すぐ始められる副業も紹介】

20代でおすすめの在宅ワーク【今すぐ始められる副業も紹介】

在宅ワークを国が推奨している理由

2020年の社会問題にもなった「コロナウイルス」。

このコロナの影響で日本を含め、世界のあらゆる国々の働き方が一気に変わりました。

それと同時にAIやIT技術も急激に進んでいて今後、人がいらなくなってくるような仕組みになりつつあります。

今企業はAIITの影響で人材の削減を始めています。

さらにコロナの影響もあり、飲食店を中心にアパレルや旅行会社などさまざまな企業で人件費の削減を試みていて、会社経営の赤字や閉店などを機にリストラになった人や、職を失った人は多々います。

コロナの影響で職を失った人もいますが、コロナとは関係のない理由で職を失った人もいます。

職の「安定」という言葉は年々薄れてきている傾向です。

企業に勤め続けるのはリスク

誰もが知っている「トヨタ」ですが近年、日本社会で崩壊したといわれる「終身雇用制度」

トヨタ自動車 豊田章男社長が語った「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」という言葉から、大手企業も「安定」という言葉から遠ざかってきてるのが分かります。

そして「シャープ

誰もが知っている大手企業ですよね。

多くの人にとってのシャープに関する「驚き」といえば、20164月の、台湾企業・鴻海(ホンハイ)精密工業による買収だと思います。

これよって7000人もの社員がリストラに。

少し前の世代では、良い大学に進学して良い就職先に就けば、未来も保証されていて安心で安全な毎日をすごせていました。

しかし、今となっては終身雇用も保証されない。いつリストラになるかわからない。そしてこのコロナウイルス問題。といった不安を抱えながら生きている人が多く見受けられます。

コロナの感染のリスクは気になるけど、仕事をしないわけにもいかないし、自身が働いている会社の経営状態も疑いながらと毎日不安を覚えながら働いているという人も多いかもしれません。

コロナ禍でも関係のない業種

「テレワークの導入が進まない業種なので転職を検討している」「1つの仕事だけをしているのはリスクだと思った」など、新型コロナウイルスの影響で、今の働き方を見つめ直す人が増えているようです。

その中でもコロナの影響を感じさせないような働き方をしてる業種があります。

それはIT系の分野やコールセンターといった仕事です。

しかも今までコールセンターといえば、会社に出勤して会社の電話機からお客様に電話をしているイメージだと思いますが、働き方改革とコロナの拡大感染防止により在宅ワークとしてコールセンターと一緒の仕事が在宅でもできるようになりました。

このご時世に在宅でのお仕事はありがたいですよね。

コロナの感染の予防にもなりますし、家でゆっくり自分のペースで仕事ができる仕事環境はなかなか無いです。

在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

20代で在宅ワークがオススメな理由

数年前に厚生労働省がおこなった在宅ワークに関する調査では、在宅ワークをしてみたいと考えている人が約5814千人いるとのデータがでています。

先に結論をいうと20代なら在宅ワークを始めるべきです。

30代ならなおさらに今すぐでも在宅ワークを始めるべきです。

なぜなら、現在20代を中心とした若者の貧困が問題となっており、就職しても安定した生活を送れない若者が増えているからです。

今の生活のために非正規雇用や低賃金で働くしかない若者は少なくありません。

たとえ20代で真面目に働き続けていたとしても、30代、40代と歳を重ねたとして、将来的に雇用が安定したり、経済的に豊かになったりするとは限りません。

そのために、雇用を必要とせず稼げる環境、つまり在宅ワークが必要なのです。

20代や30代の若いうちに在宅ワークをして、

お金を稼ぐ知識や専門知識、スキルを身につけることよって必ず将来的に役立ちます。

これらのことから、20代のうちに在宅ワークを始めるべきといえるでしょう。

20代で始められる在宅ワークの種類

これらは一例に過ぎませんが在宅ワークにはさまざまな種類があり、稼ぎやすさや始めやすさ、継続しやすさがそれぞれ異なります。

もし、20代がいずれかの在宅ワークを始める場合は在宅ワークの特徴を理解して、自分の能力やスキルに合ったものを選択することをおすすめします。

たとえばプログラミングやウェブデザインは、仕事を取りやすく、在宅ワークで稼ぎやすい特徴がある一方で、特別なスキルを必要とします。

反対にアンケートのモニターや、データ入力のように誰でも始められるものは、単価が低くて大金を稼ぎにくいのが特徴です。

リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

大金を稼ぐ

  • プログラミング
  • ウェブデザイン

お小遣いを稼ぐ

  • データ入力
  • モニター
  • アンケート

単価の安い在宅ワーク

在宅ワークには月に1万円も稼げないものから、月に10万円や100万円以上稼げるものまであります。

もし在宅ワークで副収入を得たいのであれば、稼げない在宅ワークは避けてください。

在宅ワークを本業にしようとしてる人はなおさら避けてください。

特にオススメできない在宅ワークは以下のものです。

  • アンケートモニター
  • データ入力
  • 内職

これらは、基本的に誰でもできる仕事で単価が安いことが特徴です。

しかし単価がかなり安いです。

例えば、データ入力の場合、企業の顧客名簿の「氏名・郵便番号・住所・電話番号」等を入力して稼げる金額は19円程度です。

仮に1件の入力に1分かかると考えると、1時間で540円。

時給540円ならバイトした方が効率がいいので、大金を稼ぐ目的を果たしたいなら他の在宅ワークを推奨します。

 

月収10万円以上狙える在宅ワーク

月収10万円以上稼ぐことが可能な在宅ワークには以下のものがあります。

  • アフィリエイト
  • 物販
  • FX、株
  • ココナラ(スキルの販売)
  • ライティング
  • プログラミングなど

これらの在宅ワークは最初は稼ぎにくいことが特徴です。

たとえば物販でいえば、商品の仕入れ方や売り方がわからなければ、思うように稼げませんし、プログラミングもスキルを持っていなければ案件を受注できないでしょう。

しかし一度稼げるようになれば、収入が上がりやすいのも大きな特徴の一つで、最大のメリットです。

誰でもできるがほとんど稼げない在宅ワークをやり続けるのか、それとも将来的に月収10万円以上稼げる見込みのある在宅ワークを始めるのか。

在宅ワークを始める際は、自分の目標に合わせて最適なものを選びましょう

在宅ワーク副業【リモートビズ】

20代で在宅ワークをする3つのメリット

20代が在宅ワークをするメリットとして、以下の3つがあげられます。

  • 働く場所と時間を自分で決められる
  • 高収入を狙える
  • スキルが身につく

パソコンを使う在宅ワークは、自宅でできるほかカフェや公園などでも仕事ができるので、働き方が自由なのが大きなメリットです。

30代や40代を超えるとは家族を持つなど、責任が伴うに連れて、自分だけの判断で行動できる範囲が制限されてしまいます。

反対に20代は人生の中でも自由に使える時間が多いので、在宅ワークは働く場所や時間を自分で決められることが、大きなメリットといえるでしょう。

また、若いうちからスキルが身につき、高収入が目指せるなど20代の在宅ワークはメリットが豊富です。

 

20代で在宅ワークをするデメリット

20代が在宅ワークをするデメリットとして以下の3つが考えられます。

  • 仕事や収入が不安定
  • スキルや実績が求められる
  • 税金や保険などの自己管理が必要

在宅ワークは収入が不安定になることが多く、安定した生活がしたい人には適していません。

さらに、在宅ワークで稼ぐためにはスキルや実績を求められやすいため、特別なスキルや実績のない若い世代にはハードルが高いといえます。

しかしながら、在宅ワークを副業として始めれば、本業の収入が生活の柱になりますし、スキルや実績もこれから作れば済む問題です。

また、税金や保険などといった経理関係は、徐々に身についていくものです。

そのため、在宅ワークにはデメリットがあるものの、それを克服できることも難しくないといえるでしょう。

 

在宅ワークをする前に注意すること

結論をいうと甘い言葉や勧誘には特に気をつけてください。

例えば、

  • 1日数分の作業で月収10万円狙えます。
  • 登録すれば必ず稼がせます。
  • 「簡単に稼げる」「誰でも稼げる」

もし簡単に稼げる案件を提示されて「初回無料」などの言い回しから高額な費用を後々騙し取られる場合もあります。

たとえ本当に無料や低コストであっても、稼いだ金額のパーセンテージを永遠に取られたり、多額な固定費やあとから多額な請求がきたりなども考えられます。

このような甘い言葉や勧誘には絶対に乗らないようにしましょう。

在宅ワークでコールセンター

好きな時間に好きなだけ働ける!在宅コールセンターの「コールシェア」

結論からいうと今の時代は在宅でも

コールセンターと一緒の仕事ができます。

自宅にいながらコールセンターのオペレーターとして働けるのが在宅でのコールセンターです。在宅でコールセンターの主な仕事の内容は、お客様からの電話を受電したり、営業推進の発信をしたりなどがあります。

電話の内容は在宅コールセンターが請け負っている業務によって異なりますが、テレビショッピングや、サービスのお問い合わせ等、さまざまなものがあります。

数年前に政府によって副業が推進されるようになり、在宅ワークは以前よりも格段に増して注目を集めています。

特別なスキルがない人は在宅ワークでなかなか稼げないと言われていますが、在宅コールセンターは初心者でも稼げる仕事として学生や主婦などから人気なのです。

在宅コールセンターで働くメリット

在宅コールセンターにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

給与が高いのが特徴

他の在宅ワークと比べて給与が高いのが特徴です。

未経験からはじめられる在宅ワークの中ではとくに報酬額が高いのがポイントです。

在宅コールセンターは1本の電話ごとに報酬発生するところが多く、その報酬額だけをみるとそこまで大きな額ではないのですが、発信系であれば1本の電話ごとの報酬に加えて、受注ごとにも報酬が発生する仕事もあります。

在宅コールセンターは、成果報酬型の在宅ワークの中では比較的稼ぎやすい仕事が多いでしょう。

自宅で落ち着いた勤務ができる

周りの声が妨げになってお客様の声が聞こえないというようなストレスから解放されます。

コールセンターの仕事が好きでも、一斉にオペレーターが話しているオフィスの空間が苦手な方もいるかと思います。

在宅コールセンターであれば、仕事中に話しているオペレーターは自分のみなので、業務に集中しやすい環境をつくりやすく、落ち着いた環境で勤務ができます。

在宅コールセンターで働くデメリット

次に在宅コールセンターで働く場合のデメリットについて見てみましょう。

デメリットは2つあります。

実際の職場の臨場感を感じにくい

実際にオフィスで働くと、たくさんのオペレーターがいる中で勤務するので、自然と別のオペレーターの対応を真似してスキルを伸ばしたり、仲間がいるからこその達成感や仲間意識を感じられることもありますが、在宅コールセンターだと、その環境が用意できないというデメリットもあります。

サポート体制がしっかりしていないと働きにくい

在宅コールセンターは一人でお客様の電話対応を行うため、企業のサポート体制によって安心感も働きやすさも変わってきます。

いくらマニュアルが用意されているといっても、マニュアル外の対応も出てくるもの。サポート体制がしっかりしていないところだと、質問したいときに質問が出来ないなど、ストレスの比重が大きい仕事になってしまいます。

遠隔であっても質問しやすく、業務の不安や疑問を丁寧に解決できるサポート体制がしっかりと整っているところを選ぶことがポイントです。

また、社内情報が常に共有できるシステムが確立されているところを選ぶと、よりいっそう安心です。

在宅コールセンターで働く従業員と、オフィスで働く従業員で知識や情報の差を出さないようにしているところは手厚いフォローが期待できます。

まとめ【コールセンター】

以上が在宅ワークでのコールセンターについてです。

在宅コールセンターは在宅で仕事をするため、休憩時間に洗濯などの家事を行うことも可能です。

その他にも、食事を家にあるもので済ませることができるので、ランチ代の節約にもなるところも在宅コールセンターの嬉しいポイントです。

こういった点から、在宅コールセンターは効率的に仕事をしたい方にピッタリの仕事でしょう。

まとめ

  • 20代の人は必ず在宅ワークをするべき
  • 在宅ワークで本業と同じくらいの力をつける
  • 在宅コールセンターはとくにおすすめ



まとめ【全体】

結論は20代のうちから必ず副業はするべきだといえます。

企業は少しずつリストラや早期退職を試みています。

20代のうちに在宅ワークでも可能な副業を今すぐにでも始めるべきです。

-副業, 転職
-, ,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5