投資

資産を買うために重要な今やるべきこと【まとめ】

自分自身のビジネスを持ちたい!

そのような方、必見の内容になっています。

自分自身のビジネスを持つためにはどうしたらいいのでしょうか。

何から始めていいのか、何をすればいいのか…

難しそうなイメージですよね。ですがその答えを本記事では例を出していきながら詳しく解説していきます。

今現時点で、資産はどのくらい持たれてますか?

また、負債はどのくらい抱えてますか?

そもそも資産とは?負債とは?

資産とは貨幣価値に置換可能で、所有していることで現時点から将来にわたり収益をもたらすものです。

負債とは貨幣を支払う義務があり、資産の定義と逆の表現をすると、所有していることで現時点から将来にわたる収益を滅失させるものです。

今現在、資産を持ってない方、今から資産を購入しようとしている方、資産の勉強を少しずつでもしていこうと思っている方

して、今、負債を抱えている方!必ず本記事を読んでください!

自身の現実と向き合うということも、時間や頭を使うのでひとつの自己投資です。

人生をより良くするために、自分と真剣に向き合い、まずは学ぶことから始めていきましょう。



 

キャッシュ(現金、お金)に関する知識

まずはキャッシュ(現金、お金)に関する知識として言葉とその意味を理解することから始めていきましょう。

キャッシュ(現金、お金)には3種類あります。下記をご覧ください。

・キャッシュ・イン

・キャッシュ・アウト

・キャッシュフロー

キャッシュ(現金、お金)が入ってくることを「キャッシュ・イン」、

キャッシュが出ていくことを「キャッシュアウト」といいます。

そして、「キャッシュフロー」とは、キャッシュ・インからキャッシュ・アウトを差し引いた支出のことをいいます。

資産からのキャッシュフローで支出が賄えるようになれば、会社や給料といったものに依存することがなくなります

さらに資産からのキャッシュフローのうち、余った分をふたたび資産に組み込んでいくことができます。

資産につぎ込むお金が多くなれば多くなるほど資産が増え、資産が増えれば増えるほど、

そこからのキャッシュフローが多くなります。

そして、、支出が資産からのキャッシュフローを超えない状態を続けているかぎり

経済的にも余裕ができ、どんどん豊かになっていきます。

つまり、実際にその場にいて物理的に労働をすることなしに、入ってくる収入を増やすことができます。

【株オンライン】20,000円→0円今ご登録頂くと10日間無料サービス中!!詳しくはこちらから↓↓↓

富を築くための第一歩として次の3つのことをしっかりと心に刻んでおきましょう。

・金持ちは資産を買う

・貧乏人の家計は支出ばかり

・中流の人間は資産と思って負債を買う

自分のビジネスを持つ

マクドナルド社の創業者でもあるレイ・クロックが言った発言の中のひとつに、

「私のビジネスはハンバーガーを売ることではない。不動産業だよ」というものがあります。

たしかにマクドナルドという会社の経営戦略上のビジネスの基盤はハンバーガーを売ることですが、

レイ・クロックはそれと同時にいつも店舗の立地のことを考えてました。

店舗のある建物、その立地条件こそが、その店の成功を左右する重要な要因であることを彼は知っていました。

基本的には、マクドナルドのフランチャイズ権を買った人は、レイ・クロックの会社が、

その店舗のある土地を買うための代金を代わりに支払っているのと同じことをしています。

現在、マクドナルド社はひとつの企業としては、世界最大の不動産所有会社になっています。

その総面積は世界中のカトリック教会を合わせたものよりも大きいです。

しかも、アメリカを始めとする世界各国で、最も地価相場の高い交差点の土地を複数所有しています。

 

多くの人がいつもお金に苦労している直接の原因は、ほとんどの場合、一生他人のために働いていることにあります。

世の中には、毎日いくら働いても結局は何も自分の手元には残らないという人がどんなに多いでしょうか。

学校の教育制度は、いい成績をとって安定した仕事につくための準備を若者にさせることに焦点を合わせています。

そのレールに乗って就職した若者たちの人生は、たとえ、専門技術を持った技術者や、警察官、画家になったところで、

世の中の労働力の一部になることしかできず、一生お金のために働くことになるでしょう。

 




★イククル今なら無料で登録

 

自分のビジネスを持つ=本当の資産を持つ

学校教育の問題点は、そこを卒業した人間が、学校で習得した能力を使った仕事につくことが多いという点です。

例えば、料理の勉強をした人はコックになります。法律を学んだ人は弁護士になり、自動車整備の資格を取れば整備士になります。

習得した学問をもとに職業につくことに問題があるのは、そうすることで自分自身のビジネスを持つことを忘れてしまう人が多いからです。

そういう人は自分の人生を他人のビジネスのために心をくだき、その人を金持ちにさせることに費やしているようなものです。

経済的な安定を確保しようとするのであれば、自分のビジネスを持つことが必要です

自分のビジネスは「収入」ではなく、「資産」を中心に展開します。

まずはスタートラインとして、資産と負債の違いを知り、自分のビジネスを持ち、資産積み上げていきましょう。

 

今の仕事を続けながら、資産を蓄える

資産を購入したい、自分のビジネスを持ちたい!そんな方には昼間を仕事を続けながら、

自分の資産やビジネスを築くことをおすすめします。

これを週末起業家と言ったりします。

週末起業家・・・会社を辞めず、平日は会社員として会社に勤めながら、平日の仕事終わってからの時間と、土日を使ってビジネスを立ち上げていくこと

「自分のビジネスを持つ」とは、本当の意味での資産を増やし、それを維持することを意味しています。

昼間の仕事は続けながら、同時に資産を増やすことにアンテナをはり、常に資産への知識を得る意識が大事です。

じっくり時間をかけて投資をして自分自身のビジネスや資産を築き上げましょう。

まとめ

  • まずは資産と負債の違いを知り、自身の現状を把握をしよう
  • 会社員に縛られることのないように、お金についての知識を身に付けましょう
  • 週末起業家として学んで実践し、資産を構築していきましょう。




エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:光フェイシャル浄化コース

-投資
-,

© 2021 副業ブログ Powered by AFFINGER5