ブログ

WordPressでGoogleでサーチコンソール【設定方法と活用法】

 

本記事は、WordPressの開設が終わり、ツールとして「Googleサーチコンソールの設定をしたい」という方に、Googleサーチコンソールの設定方法や、活用方法について解説します。

 

本記事の内容

・Googleサーチコンソールとは?
・Googleサーチコンソールの設定手順
・Googleサーチコンソールの活用方法

 

WordPressブログの開設がまだ終わっていない方は、下記の記事を参考にサクッとブログを作りましょう。

初心者の方でも10分程度で、ブログを開設することができますよ。

【初心者でも超簡単】10分で作れるWordPressブログの始め方

続きを見る

 

そもそもGoogleサーチコンソールとは、かんたんに言うと自分のサイトをGoogleロボットに送信してくれたり、SEO検索順位を計測できる無料ツールです。

導入も無料でデメリットも0なので、サイトを立ち上げた後は、早めに設定しておきたい便利ツールの1つです。

※以下Googleサーチコンソールをサーチコンソールと略させていただくことがあります。

 

この記事を読み終わる頃には、ご自身でサーチコンソールの設定ができるようになっているので、安心して本記事をご覧ください。

 

それでは、さっそくご説明していきますね!

 

 

Googleサーチコンソールとは?

 

まず始めに、サーチコンソールと言われても、正直ピンとこない方もおられると思うので、サーチコンソールの意味をザックリ説明していきますね。

 

サーチコンソールとは、Googleが提供している無料ツールで、サイト情報をGoogleロボットに送信してくれたり、どんなキーワードで流入しているか確認することができるツールです。

 

サーチコンソールは多くの機能があり、サイト運営には欠かせないツールの1つです。

 

例えばサーチコンソールができることは、下記のようなものがあります。

  • サイトマップを送信できる
  • サイトのインデックスをリクエストできる
  • どのクエリでSEO流入があるか確認できる
  • クリック数や表示回数、CTR、掲載順位がわかる
  • Google砲を受けているか確認できる

などなど。

 

本当はもっと多くの機能があるのですが、あまりにも機能が多いので、今回はWordPressブログを運営していて、よく使う機能を一部ご紹介しました。

 

ちなみに、気になるサイトのユーザー数やページビュー数、読者の滞在時間などは、Googleアナリティクスでチェックできるので注意しましょう。

 

もっとSEOの戦略を立ててブログを運営したい!という方は、SEO検索順位チェックツールのランクトラッカーがオススメです。

 

サーチコンソールだと、1記事ごとの検索順位を手動で調べないといけないので、記事数が増えてくると同時に時間も労力も、かなり消費してしまいます。

ですがランクトラッカーであれば、全キーワードを管理することができるので、時間の短縮にもなり効率アップがはかれますよ。

 

Googleサーチコンソールの設定手順

 

上記ではサーチコンソールの意味をご紹介してきましたが、次はサーチコンソールの設定方法について解説していきます。

 

下記のステップに沿って導入すれば、とくに失敗することはないのでご安心ください。

 

まず、サーチコンソールの設定手順は3つで、以下の通りです。

手順

①Googleアナリティクス設定
②サーチコンソールにログイン
③URLプレフィックスにURL入力

 

1つずつ、ご説明していきます。

 

①Googleアナリティクス設定

 

サーチコンソール設定をする際は、サイトの所有権の確認が少し手間が掛かるのですが、先にGoogleアナリティクスの設定を済ませておけば、所有権の確認をパスできたりします。

 

はい。ということで、少しお手数ですが、下記の記事より、Googleアナリティクスの設定を完了させましょう。

WordPressでGoogleアナリティクスを設定する方法

続きを見る

 

Googleアナリティクスを設定することにより、こちらのサーチコンソールの設定がスムーズになりますよ!

 

上記が完了したら、下記の手順②に進んでいきましょう。

 

②サーチコンソールにログイン

 

Googleアナリティクスの設定、お疲れさまでした。

これで、所有権の確認をパスできます!

 

少し面倒な作業ではありますが、これをすることで後からの作業が楽に進められるので、落ち着いてゆっくりと設定していきましょう。

 

続いて、サーチコンソールの公式サイトにアクセスして、Googleアカウントにログインしましょう。(Googleアナリティクスの設定で使用したGoogleアカウントでログイン)

 

すでに、ログイン済みの場合は、下記のような画面になるはずです。

上記のようになれば、OKです。

 

③URLプレフィックスにURL入力

右側の「URLプレフィックス」という項目に、サイトURLを入力しましょう。

 

URLを入力したら「続行」をクリックします。

 

そうすると下記のように表示されるので、これで設定は完了です。

 

 

「プロパティに移動」をクリックすると、サーチコンソールの管理画面にログインできます。

 

 

最初は、上記のように「データを処理しています。1日後にもう一度ご確認ください」と表示され、1日待つと使用できるようになります。

 

これでサーチコンソールの設定完了です。

 

Googleサーチコンソールの活用方法

 

ここまで、サーチコンソールの設定方法についてご紹介してきました。

 

最後にサーチコンソールをサイト運営に活かす方法を解説していきます。

 

ざっくりまとめると以下のようなイメージです。

 

サーチコンソールを活かす方法

 

サーチコンソールは、具体的にはSEO対策に必要なサイトのクリック数やクリック率、掲載順位などを知る事ができ、初心者向けのSEO対策として活用することができます。

 

また、サイトを更新した時や新しくページを追加した場合は、サーチコンソールを使えば、より早く検索結果として反映される(インデックスされる)可能性があります。

 

他にも数多くの機能がありますが、どれもブログ・サイト運営者にとっては必要な機能となるので、ある程度は使いこなせるようにしておきましょう。

なんといってもこれだけ豊富な機能が無料というのに驚きます。

 

そしてサイトを立ち上げたばかりの方は、まずポイントを絞ることが大切です。

 

大事なポイントを5つ縛りだしたので、以下の5つのポイントは必ず抑えておいてくださいね!

①:検索クエリ
②:Fetch as Google
③:クローラー
④:サイトマップ
⑤:手動による対策

 

クエリやクローラーといった難しそうな言葉が出てきましたが、今の時点ではそこまで重要ではないので、今すぐに覚える必要はありません。

 

ブログやサイトを運営していくと、少しずつ理解できるようになりますので、「こんなこと言ってたなぁ」くらいで頭の片隅にでも、置いてもらえたらOKです。

 

まとめ:サーチコンソールは必須

 

本記事では、サーチコンソールについて解説しました。

 

サーチコンソールは、集客にしても自分の現状把握にしても大事なツールなので、サイトを立ち上げた際は、必ず導入しておきましょう。

 

サーチコンソールとプラスでGoogleアナリティクスを導入すると完璧です。

 

サーチコンソールとアナリティクスは、セットで導入するといいかもですね。

 

サーチコンソールを利用して、サイト集客に役立てていきましょう。

今回は以上です。

-ブログ
-, ,

© 2021 Top Class Powered by AFFINGER5